「計画的IC閉鎖」発動へ 大雪に備えNEXCO東日本が緊急発表「出控えを」

「計画的IC閉鎖」発動へ 大雪に備えNEXCO東日本が緊急発表「出控えを」

関越道 六日町IC〜小出IC間。12月24日16時20分現在(画像:NEXCO東日本)。

ノーマルタイヤ車、行くな!

計画的IC閉鎖も発表

 NEXCO東日本は2021年12月24日(金)、日本海側を中心に大雪となるおそれがあり、チェーン規制や通行止めなどが予想されると発表しました。

 24日16時現在、通行止めの可能性があるとされる具体的な区間は次の通りです。

・上信越道 長野IC〜信濃町IC:12月25日以降

・関越道 湯沢IC〜小千谷IC:12月25日夜以降

・秋田道 北上西IC〜横手IC:12月25日夜以降

・道央道 大沼公園IC〜伊達IC:12月25日〜28日の視界不良時

・札幌道 銭函IC〜小樽IC:12月25日〜28日の視界不良時

・後志道 小樽JCT〜余市IC:12月25日〜28日の視界不良時

 あわせて、関越道では大和スマートICと堀之内ICについて、26日午後以降「計画的IC閉鎖」が予定されています。これは、本線での大規模な車両滞留に発展することを防ぐため今冬から導入された手法です。なお、本線通行止めの際には、並行する国道なども同時に通行止めとなる可能性があります。

 NEXCO東日本は、「不要不急のお出かけはお控えいただき、やむを得ず高速道路をご利用される場合は、冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いします」としています。

関連記事(外部サイト)