フロントフェイス限界突破? 新型「ヴォクシー」進化にネット興奮 「ノア」も2タイプの顔

フロントフェイス限界突破? 新型「ヴォクシー」進化にネット興奮 「ノア」も2タイプの顔

1月13日に発表された新型「ヴォクシー」(画像:トヨタ)。

トヨタは1月13日に新型ミニバン「ノア」「ヴォクシー」を発売。ノアはおおむねキープコンセプトですが、特にフロントフェイスを「独創的」に一変させたヴォクシーに注目が集まっています。賛否両論ですが、それでも、やはり売れるのでしょうか。

ミニバンの流行を押さえた形状?

 トヨタが2022年1月13日(木)に発売した、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」の新型に、SNSでは多くの反応が寄せられています。

 ノアは先代のコンセプトを押さえたうえでの正当進化という形の一方、ヴォクシーはその「顔」からガラリと変化。トヨタ自ら「独創的」にしたというデザインに注目が集まっています。

 フロントグリルはキャブより下のほぼ全面に達し、大きく口を開けたような形に。水平な暗色系のパーツを基調としているため、ダイナミックな開口度合いに対して落ち着いた印象になっています。

 SNS上では「5枚刃電動カミソリ」「獅子舞」「石油ファンヒーター」などさまざまなものになぞらえる声が。また水平基調の豪快なフロントグリルは、三菱の「デリカD:5」みたいだという声もあります。

 一方でノアも、ヴォクシーより太めのメッキグリルが前面に張り出したデザインで、いわゆる“オラオラ顔”ですが、開口部が大きく見える「ヴォクシー」とは凸と凹のような対称性があります。

 ただ、ノアのなかでも「S」が付くエアロ仕様のグレードは、フロントグリルの両サイドがブラックアウトしており、やはり口が開いた感じに。同じノアでも好みが2種類分かれることになりそうです。

 特にヴォクシーは、そのデザインも賛否両論。ただ、「やっぱりこういうのが売れるんだろうな」といった声も多く見られました。

 さて、ライバルであるホンダは、1週間前の1月7日に同じくミニバンの新型「ステップワゴン」を発表。こちらは一転、フロントグリルがあまり主張しない“シンプル”な顔つきとなっています。2022年初頭から始まった「ミニバン戦争」はどちらに軍配が上がるのでしょうか。

関連記事(外部サイト)