ロシア 中国&イランとアラビア海で3国合同演習を実施 今後は地中海でも演習予定

ロシア 中国&イランとアラビア海で3国合同演習を実施 今後は地中海でも演習予定

ロシア太平洋艦隊所属のウダロイ級大型駆逐艦「アドミラル・トリブツ」(画像:ロシア国防省)。

ロシア太平洋艦隊の3隻、スエズ運河通過するか?

3か国合同演習にはイスラム革命防衛隊も参加

 ロシア国防省は2022年1月21(金)、アラビア海北部のオマーン湾において中国、イランの2か国と合同海軍演習「CHIRU-2022」を行ったことを明らかにしました。

 ロシアから参加したのは、ウラジオストクに本拠を置く太平洋艦隊の分遣艦隊で、スラヴァ級ミサイル巡洋艦「ヴァリヤーグ」、ウダロイ級大型駆逐艦「アドミラル・トリブツ」、ボリス・チリキン級補給艦「ボリス・ブトマ」の3隻だそうです。

 このほかに中国やイランの艦艇11隻が演習に参加したとのことで、3か国の艦艇は海上目標に向けて射撃訓練を実施、共同戦術下での各種訓練を遂行したほか、海上における捜索救助任務などを行ったとしています。

 なお「CHIRU-2022」演習の最終段階では、民間船舶が海賊に強奪されたとの想定で、それを捕捉・臨検し、船員らを解放するという実戦的な訓練もおこなったとのこと。なお、この訓練には、水陸両用ヘリコプターとイスラム革命防衛隊の特殊部隊も参加したといいます。

 前出のロシア太平洋艦隊の3隻は、今後、地中海に入って、同国北方艦隊やバルト海艦隊などと演習を行う予定だそうです。3隻はそのロシア海軍の演習計画に沿う形で、2021年12月にウラジオストクを出航後、インドのコーチン港へ立ち寄り、インド海軍と2国間演習を行ったのち、イランに寄港し、今回の3か国共同演習に参加したそうです。

 ロシア海軍は、2022年の年次訓練計画に沿って1月から2月にかけてさまざまな海上演習を行っていくとのことで、一連の演習を合計すると艦船140隻以上、航空機60機以上、兵員約1万人が参加する予定としています。

【革命防衛隊の特殊部隊も】3か国共同演習の様子を動画で

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?