「都心から郊外までノンストップ」通過しまくり快速・急行たち 32駅通過も!?

「都心から郊外までノンストップ」通過しまくり快速・急行たち 32駅通過も!?

「京阪間ノンストップ」の快速急行「洛楽」(画像:京阪電鉄)。

特急料金なしで乗れる急行や快速急行、特急などで、都心から郊外へノンストップで走り抜ける列車が、関西や関東でいくつか見られます。その中には、ダイヤ改正で消えゆくものもあります。

一気に郊外へワープ

 停車駅を最小限に抑え、都心から郊外へノンストップで結ぶ最優等列車は、多くが特急料金やライナー料金などが必要な有料列車です。しかし、運賃だけで乗れる一般列車でも、多くの駅を一気に通過して郊外まで停車しない、快速急行や無料の特急などが走っている路線があります。

●小田急小田原線「快速急行」

 小田急で無料の最優等列車である快速急行は、下北沢を出ると世田谷代田・梅ヶ丘・豪徳寺・経堂・千歳船橋・祖師ヶ谷大蔵・成城学園前・喜多見・狛江・和泉多摩川と、都内の全ての駅を通過。そのまま多摩川を渡って神奈川県に入り、登戸に停車します。

 2018年のダイヤ改正以前は登戸も通過し、さらに向ヶ丘遊園・生田・読売ランド前・百合ヶ丘も通過。下北沢〜新百合ヶ丘間16.6km(途中15駅)を無停車で駆け抜けていました。
 
●京阪本線「特急」「快速特急 洛楽」

「快速特急 洛楽」は毎日4〜10本が運行され、大阪・京都の都心部をノンストップで結んでいる料金不要の列車です。かつての京阪特急の停車駅を復活する形で、2011(平成23)年に登場。当初は観光シーズンのみの運転でしたが、2016年から土休日、2017年からは毎日運行となっています。

 逆に特急は、徐々に停車駅を増やし、地域輸送の最速達列車として、ベッドタウンの移動需要を支えています。それでも京橋〜枚方市間はノンストップで、細かく設置された駅をどんどん通過していきます。

 両種別とも大阪側の玄関口である京橋を発車すると、野江・関目・森小路・千林・滝井・土居・守口市・西三荘・門真市・古川橋・大和田・萱島・寝屋川市・香里園・光善寺・枚方公園を通過。特急は次の枚方市に停車しますが、「洛楽」はそのまま京都市内まで停まらず、さらに御殿山・牧野・樟葉・橋本・石清水八幡宮・淀・中書島・伏見桃山・丹波橋・墨染・藤森・龍谷大前深草・伏見稲荷・鳥羽街道・東福寺を通過し、七条に到着。その通過距離はなんと43.0km、通過駅数は32駅にのぼります。

 かつて京阪特急はライバルである阪急・JRとのサービス競争のため、無料で乗れる京阪間ノンストップ特急を前面に打ち出していました。しかし130km/hで走る新快速を擁するJRが優位に立つと、京阪は地域輸送の強化に軸足を移し始め、特急も中書島・丹波橋に続けて枚方市・樟葉と、終日停車駅を順次増やしていったのです。

ターミナル駅を出たら15駅通過!? 「郊外ワープ」王国の関西私鉄

「都心から郊外までノンストップ」な一般列車が縦横無尽に駆け抜けるのが、大阪平野に伸びる近鉄の3本の路線です。

●近鉄大阪線「快速急行」

 JR大阪環状線・大阪メトロ千日前線との乗り換え駅である鶴橋を出ると、今里・布施・俊徳道・長瀬・弥刀・久宝寺口・近鉄八尾・河内山本・高安・恩智・法善寺・堅下・安堂・河内国分・大阪教育大前・関屋・二上・近鉄下田を通過し、五位堂に停車します。都心を出発すると大阪平野を駆け抜け、生駒山地を越えて奈良県に入るまで無停車なのです。

●近鉄奈良線「快速急行」

 大阪市街と奈良市街を直結し、車窓が道中で大きく変化していく近鉄奈良線。こちらも大阪線と同じく、鶴橋を出ると大阪府内にある駅には全く停車しません。生駒山地の急斜面を駆け上っていき、長さ3494mの生駒トンネルを抜けて、奈良県生駒市の生駒駅でようやく停車します。その間、今里・布施・河内永和・河内小阪・八戸ノ里・若江岩田・河内花園・東花園・瓢箪山・枚岡・額田・石切の12駅を通過します。

●近鉄南大阪線「急行」

 ターミナル駅・大阪阿部野橋駅を出ると、そこからは18.3km、16駅先まで全く停車しません。途中、河堀口・北田辺・今川・針中野・矢田・河内天美・布忍・高見ノ里・河内松原・恵我ノ荘・高鷲・藤井寺・土師ノ里・道明寺を通過します。

 これら近鉄の快速急行・急行は停車駅や所要時間も有料特急にひけを取らず、奈良県から大阪都心への通勤需要で、直接のライバルであるJR大和路線と対抗しています。これらの路線では、有料特急は速達性よりも「着席保証」の性質が強いと言えるでしょう。

関東にも「あった」…通過しまくり列車

●【廃止】東武スカイツリーライン(伊勢崎線)「快速」「区間快速」

 東武の無料の最優等列車であった快速と区間快速は、北千住を出ると春日部まで停まらない関東随一の「ぶっ飛び列車」でした。途中、小菅・五反野・梅島・西新井・竹ノ塚・谷塚・草加・獨協大学前〈草加松原〉・新田・蒲生・新越谷・越谷・北越谷・大袋・せんげん台・武里・一ノ割の17駅を通過し、28.2kmを無停車で走り抜けていました。

 快速・区間快速は浅草を出発し、鬼怒川温泉から野岩鉄道・会津鉄道へ乗り入れて福島県の会津田島駅まで、最終的に190.7kmを走破する長距離快速列車としても知られていました。2017年のダイヤ改正で両種別は廃止。浅草から鬼怒川・会津方面への長距離輸送は、有料特急「リバティ」が受け継ぐこととなりました。

●【停車駅増加】JR湘南新宿ライン「特別快速」

 2001(平成13)年に開業した湘南新宿ラインには、3年後の2004(平成16)年に特別快速が登場。大崎を出ると横浜まで26.9kmを無停車で駆け抜け、通過駅数こそ西大井・新川崎の2駅だけとはいえ、実質的な「京浜間ノンストップ」を誇っていました。2010(平成22)年に武蔵小杉駅が開業し、特別快速にも停車駅として設定されました。また、東海道線の通勤快速も品川を出ると横浜すら通過し大船までノンストップでしたが、2021年に廃止されています。

●【停車駅増加予定】京王線「特急」

 首都圏では数少ない「都心から郊外までノンストップ」な一般列車のひとつが、京王の特急でした。新宿を出発し明大前に停まると、次は調布。途中の下高井戸・桜上水・上北沢・八幡山・芦花公園・千歳烏山・仙川・つつじヶ丘・柴崎・国領・布田は通過し、各駅停車や快速、区間急行などをどんどん追い抜いていきます。

 この特急が2022年3月のダイヤ改正で、新たに笹塚と千歳烏山に停車するようになります。廃止される準特急を引き継ぐ形ですが、明大前〜調布間のノンストップ運転が無くなることに対し、ファンの間では惜しむ声も見られます。

関連記事(外部サイト)