JAL「大切な人へ機内で手紙を書く」ほっこり企画を3月に実施へ ポストは整備士作

JAL「大切な人へ機内で手紙を書く」ほっこり企画を3月に実施へ ポストは整備士作

JALの旅客機(乗りものニュース編集部撮影)。

青森、新千歳→羽田便で実施されます。

社内ベンチャーチームが中心となり…

 JAL(日本航空)が2022年3月8日の青森発羽田行きの一部便、9日の新千歳発羽田行きの一部便で、空の上で「ありがとう」を伝える手紙を乗客がしたためる企画「お手紙フライト~Letter From The Sky~」を実施します。

 この企画では対象便の旅客に対し、搭乗ゲートでオリジナルポストカード、切手、ボールペンを配布。乗客が機内で手紙を書き、降機時に専用ポストに投函すると、3月9日(サンキューの日)の消印と共に、大切な人の元に手紙が届くというものです。なお、専用ポストはJAL整備士が廃材を活用して製作、オリジナルポストカードは対象路線となる北海道・青森の地域色が溢れるオリジナルデザインのものを用意します。

 同企画は、JAL社内ベンチャーチームであるW-PIT、手紙の新たな可能性を探るプロジェクト「&Post」とのコラボレーション企画として実施。コロナ禍を経た「W-PIT」所属社員の「お客さまと大切な人の物理的距離を縮めるだけでなく、心の距離も縮められるサービスを提供したい」という想いから、企画・実現に至ったとのことです。

関連記事(外部サイト)