なぜ? JAL「手荷物返却場アナウンス」だけに特化のコンテスト 実施理由がナルホドだった

なぜ? JAL「手荷物返却場アナウンス」だけに特化のコンテスト 実施理由がナルホドだった

JALグランドサービス実施「アナウンスコンテスト」 最優秀賞となった伊藤さん(2022年2月15日、乗りものニュース編集部撮影)。

ターンテーブルがぐるぐる回っているあのエリア、実は秘密が…。

スキル向上の一助に…。

 JAL(日本航空)グループで空港での航空機の誘導、搭降載、機体や客室の点検・清掃など空港地上支援業務を行うJGS(JALグランドサービス)が2022年2月15日(火)、羽田空港で「アナウンスコンテスト」を実施しました。これは、JALグループでも初の取り組みです。

 通常、空港で旅客が耳にするアナウンスの多くは、地上係員(グランドスタッフ)により実施されます。ただそのなかで例外とも言えるのが、預け手荷物の返却場(バゲージクレーム)で聞かれる返却案内など。新千歳、羽田、伊丹、福岡の4空港のJAL便では、JGS旅客部門スタッフがこれを実施しています。

 アナウンスコンテストの出場者は、新千歳(JGS札幌)から1名、羽田(JGS)から3名、伊丹(JGS大阪)から2名、福岡(JGS九州)から2名。それぞれ手荷物到着待ちや上位クラスの販促、ソーシャルディスタンスの確保といった数種類のアナウンス内容を、日本語・英語の2ヶ国語で実施します。また遅延案内をするケースでは、新千歳であれば雪、羽田であれば雷による搬入遅れなど、その地域特有の事情なども盛り込まれました。

アナウンスコンテスト、ナゼ実施?

 アナウンスコンテスト実施の目的をJALグループは、「アナウンススキル向上及びJGSグループ間の連携強化」。企画担当者は「これまで、手荷物返却場のアナウンス文例には厳密なものがなかったので、こういったコンテストを開くことで、JGS全員のアナウンススキルが上がればよいと考え企画しました」とのこと。

 企画を振り返り「ほかの空港のアナウンスを聞くことはこれまであまりなかったのですが、今回のコンテストで、同じJALグループでもここまで文例が違うんだな、と驚きました」と話します。

 今回、最優秀賞を授賞したのは、羽田空港に勤務する伊藤由希子さん。審査担当者は「流石のテクニック」としたうえ、「エレガントで素晴らしいお手本となるアナウンスだった」とコメントしています。

【ノーカット映像】風格ある! JGSアナウンス初代女王、迫真の案内

関連記事(外部サイト)