エンジンほぼ戦闘機! 超短命のJAL 2機種目のジェット機「CV880」 なぜコンベアの“じゃじゃ馬”を?

エンジンほぼ戦闘機! 超短命のJAL 2機種目のジェット機「CV880」 なぜコンベアの“じゃじゃ馬”を?

JALのコンベア880(画像:JAL)。

JALに初めてジェット旅客機「DC-8」が導入された翌年、同社ではもう1タイプ、ジェット機が導入されました。“じゃじゃ馬”とも称された「コンベア880」です。どのような旅客機で、導入理由はどのようなものだったのでしょうか。

「世界最速」の秘訣はエンジンにあり!

 1960(昭和35)年、日本のエアラインの歴史上初めて導入されたジェット旅客機が、JAL(日本航空)のダグラスDC-8でした。実は同機導入から間髪をいれず、その翌年にJALではもう1タイプ、ジェット機を導入しています。「さくら」「まつ」「かえで」など、それぞれに樹木の名前を付けられたジェネラル・ダイナミクス社の「コンベア880」です。ただこの機の“二つ名”はそれよりも、パイロットから称された「じゃじゃ馬」の方がより広く知られており、いわゆる“トホホ機”のカテゴリに入るのかもしれません。

 コンベア880の開発のキャッチコピーは「世界最速」。初期発注を行う航空会社「ローンチ・カスタマー」のTWA(トランスワールド航空)のオーナーで、いわゆる“スピード狂”と知られていた大富豪、ハワード・ヒューズ氏の意向を反映したものです。ライバル機は、ボーイング初のジェット旅客機「707」、そしてDC-8でした。

 コンベア880の設計値の速度はマッハ0.89(約990km/h)。当時先行して開発された、ボーイング707(マッハ0.81)やダグラスDC-8(マッハ0.72)を上回るものでした。これは、搭載エンジンにゼネラル・エレクトリック(現GE・アビエーション)のベストセラー「J79」を民間機用に改良したターボジェットエンジン「CJ-805-3」を採用したことが一因です。

 このJ79は、軍用機の分野で当時のスピード記録を更新しました。同エンジンを搭載した戦闘機YF-104A「スターファイター」では、初めてマッハ2を超える高速飛行を達成。その後もF-4「ファントムII」戦闘機などに採用されています。つまり「戦闘機クオリティ」のエンジンを、民間機につけてしまったのです。それゆえ、コンベア880は燃費効率や騒音、整備性などの問題を抱え、機体トラブルも頻発。冒頭のとおり、そのピーキーな操縦特性から「じゃじゃ馬」とも称されました。

 その一方で、当時のベストセラー機であるダグラス社のDC-8をJALが導入したのは納得がいくのですが、その後の導入機はなぜ「コンベア880」だったのでしょうか。

実はコンベア機、日本じゃ定番だった?

 コンベア880により、コンベア製旅客機は“ぶっ飛んだ”印象を持たれがちですが、実は同社、プロペラ機の分野では手堅い造りとなっており、日本の航空会社にも重用されるなど、深い関係性をもっていました。

 第二次世界大戦後の我が国の民間航空界では、ダグラス社DC-3に続くプロペラ旅客機として、CV-240が北日本航空、富士航空、日東航空、東亜航空、南西航空などで導入され、17機がローカル路線を中心に就航しました。この大型派生型である「CV-440」は1959(昭和34)年に全日空(ANA)が導入。ちなみにCV-440、「当時国内最速の機種だったことも画期的で、それまでは名古屋経由だった東京/大阪便を直行便化、一気に50分も短縮しました」(ANA)と、こちらも“スピード推し”の旅客機だったそうです。

 日本航空がコンベア880を「ジェット・アロー」と名付け導入した1961年、全日空でも、歴史上重要な新型機が国内線に導入されます。ターボ・プロップ・エンジン搭載のビッカース社「バイカウント」です。機内は与圧されてあり、「タバコの箱が倒れない」という振動のなさや静粛性、快適性を宣伝文句に、国内幹線で活躍。ANAも同機を「この機種を導入した頃から、全日空は爆発的に輸送力を増強していきます」と紹介します。

 JALでは、国内線にダグラス社のプロペラ機を使用していたものの、最新鋭のバイカウントには対抗できず乗客を奪われるおそれがあったわけです。そこでコンベア880を使用することで、再び優位に立つことを目指したのでしょう。

 ただJALのコンベア880はその後、国内線向けのボーイング727の導入、DC-8が国内線へも転用されたほか、9機のうち3機が事故損失となり、1970(昭和45)年には全機引退。導入からわずか10年弱、退役までのスピードも“速かった”旅客機となってしまったわけです。

 なお、コンベア社は1953(昭和28)年、ジェネラル・ダイナミクス社に吸収されましたが、民間機の「CV-」という型式名称はそのまま引き継がれました。ちなみに、コンベア社という名称は、物を移動するためのベルト・コンベア(conveyor system)とは関係なく、綴りも異なります。B-24などを製造していたコンソリデイテッド社(アメリカ)と、XP-54などを製造していたバルティー社が合併し、コンソリデイテッド・バルティー社が誕生。この社名が短くなり「コン・ベア社」となりました。

【当時の映像】「シヒィィン!」爆裂サウンドを奏でるCV880(45秒)

関連記事(外部サイト)