日産「キャラバン」ディーゼル車がアドブルー式に エンジン一新で燃費とパワー向上

日産「キャラバン」ディーゼル車がアドブルー式に エンジン一新で燃費とパワー向上

ディーゼル車がマイナーチェンジされる日産キャラバン(画像:日産)。

ハイエースをロックオン!

燃費は12%向上 新ディーゼルエンジンに

 日産は2022年2月28日(月)、商用バン「キャラバン」のディーゼル車をマイナーチェンジし4月下旬に発売すると発表しました。

 2021年10月のガソリン車に続くディーゼル車のマイナーチェンジで、パワートレインを新ディーゼルエンジンと7速トランスミッションに刷新。ライバルであるトヨタ「ハイエース」と同じく、排気処理にアドブルー(尿素水)を用いる「尿素SCRシステム」を採用することになりました。

 これにより燃費性能は、12.4km/Lから13.9km/L(JC08モード)になり12%向上。最大トルクは356N-mから370N-mとし、加速性も向上しているということです。

 ボディカラーには「ピュアホワイトパール」「ミッドナイトブラック」「ステルスグレー」の3つの新色を追加。ディーゼル車においても、最上級グレード「GRAND プレミアムGX」を新設定したといいます。

 安全機能では、歩行者の検知も可能な「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や、「インテリジェント アラウンドビューモニター」「踏み間違い衝突防止アシスト」などの先進安全技術を新たに装備し、ディーゼル車においても全車「サポカーS<ワイド>」の対象となります。

 なお、今回のマイナーチェンジを機に、MT車(ガソリン、ディーゼルとも)、ならびにディーゼル車のワイドボディを廃止するということです。

関連記事(外部サイト)