遂に来た! 自衛隊向け無人偵察機「グローバルホーク」1番機 青森三沢基地に飛来

遂に来た! 自衛隊向け無人偵察機「グローバルホーク」1番機 青森三沢基地に飛来

青森県の航空自衛隊三沢基地に飛来した防衛省・自衛隊向けの無人偵察機RQ-4B「グローバルホーク」(画像:航空自衛隊)。

三沢から尖閣諸島まで飛んでも丸1日滞空可能だとか。

グロホ1機目到着、残る2機も順次

 航空自衛隊は2022年3月12日(土)、青森県の三沢基地に防衛省・自衛隊向けのRQ-4B「グローバルホーク」の1番機が到着したと発表しました。

 RQ-4B「グローバルホーク」は航空機メーカー、ノースロップ・グラマンが開発・製造する大型の無人偵察機(UAV)です。機体は全長14.5m、翼幅39.9m、全高4.6m、離陸重量3万2500ポンド(約1万4740kg)あり、燃費に優れたターボファン仕様のジェットエンジンを1基搭載しています。

 アメリカ空軍の説明によると運用高度は6万フィート(約1万8300m)以上、航続時間は34時間以上を有するとのこと。25kW発電機を内蔵し、各種センサーや移動目標表示装置などを用いることで、複数目標の同時追跡が可能であり、これらにより1日最大300万平方海里を監視できるそうです。

 すでに三沢基地にはRQ-4B「グローバルホーク」を管理・運用するための専門部隊として臨時偵察航空隊が2021年3月に新編されており、後日、部隊名称から「臨時」が外れ正式な運用部隊になる予定です。

 なお、防衛省・自衛隊は三沢基地にRQ-4B「グローバルホーク」を合計3機配備する計画です。

関連記事(外部サイト)