軍事侵攻は「ロシア製旅客機」にも影響甚大? 日本ではレア“最新露産旅客機”の実情とは

軍事侵攻は「ロシア製旅客機」にも影響甚大? 日本ではレア“最新露産旅客機”の実情とは

イクルートMC-21(画像:UAC)。

ウクライナ問題の中心であるロシアは近年、海外でその姿こそ広く知られてはいないものの、旅客機の開発に実は注力していました。どのようなものがあり、今回の侵攻はどのような影響があるのでしょうか。

航空機の名門ひしめく露 なのになぜ旅客機は少ない?

 ロシアによるウクライナ軍事侵攻は、ロシア、そして世界の民間航空にも大きな影響を及ぼしています。代表的なのが、国外のリース会社からロシアの航空会社が借り受けている500超の旅客機を、返却せずにそのままロシアが接収するというトラブル。これらはエアバスやボーイング製の旅客機が多数です。
 
 ただ実はロシアは近年とくに、自国でも旅客機の製造開発に注力しています。そしてこの軍事侵攻の影響は、それらロシア製旅客機にも及びそうです。

 そもそもロシアは、旧ソ連時代から軍民問わず、まさに“言わずと知れた”航空機開発の名門国です。ただソ連崩壊後はとくに民間機部門の新型機開発は下火となり、旧西側の航空機メーカーに水を開けられてきました。たとえばアエロフロートをはじめとするロシアの国内航空会社も、ソ連崩壊前はツポレフやイリューシン製を使っていたのとは異なり、現在はエアバスやボーイングばかりです。

 しかしロシアは旅客機の開発を投げだしたわけではありませんでした。近年では、かつて欧米としのぎを削りあったように、新型機開発に注力してきました。ただ一方で、その新型機の姿や動向は、欧米メーカーほど目立ちません。欧米メーカーの旅客機の使用率が非常に高い日本だとなおさらその傾向が強く、ロシアの新鋭旅客機は「レア」に分類されるでしょう。

 というのも、現在ロシアが注力するジェット旅客機は、いわゆる短距離国内線を主戦場とする、100席以下の「リージョナル・ジェット」、もしくは多くとも200席クラスの単通路機分野に限られているためです。

ロシアの最新旅客機のラインナップ

 前者のロシア製「リージョナル・ジェット」は、スホーイ・スーパー・ジェット(SSJ)100、後者の単通路旅客機はイクルートMC-21(MS-21)です。

 SSJ100は、エンブラエルの「E-Jet」などをライバルとし、軍用機の名門スホーイが初めて手掛けた70〜100席クラスの旅客機です。同機は、ソ連解体で落ち込んだ製造業の復活への“シンボル”とされ、2008年5月に初飛行。おもにロシア国内を中心に100機以上を売るなど、セールスに力をかけていました。エンジンは仏大手スネクマと提携した開発した「パワージェット SaM146」で、アビオニクス(航空用の電子機器)も欧米製を使用。まさに旧ソ連から態度を“友好的”に変えて、積極的に旧西側の企業と協力関係を築いたうえで創り上げられたモデルです。

 一方MC-21はボーイング737、エアバスA320をライバルとし、現在開発が進められている150〜200席クラスのモデルです。MC-21も、企画段階から旧東側以外の航空ショーで、機内を再現した実物大模型のモックアップを出展し、積極的な売り込みを続けてきました。

 MC-21は近代的な液晶画面が並ぶグラスコックピットを備え、アビオニクスは50%以上をロシア製にして国内企業に配慮する一方、電子制御システムで有名な米ハネウェル、仏の防衛大手タレスなどもキーパートナーにしています。同機は2017年、米P&Wのエンジン「PW1400」を搭載した初期タイプが初飛行。それについで2020年12月、ロシア製のエンジン「PD-14」を付けた機体が初飛行に成功しました。この「欧米産かロシア産のエンジンを選べる」ようにしているのが、MC-21の特徴のひとつです。

侵攻中止は2機の最新モデル成功への鍵?

 MC-21が今夏にアエロフロートでの就航が望まれているなかで発生したのが、今回のウクライナ侵攻です。侵攻後の3月中旬、ユーリー・ボリソフ・ロシア副首相から、「フラッグシップ的計画であるMC-21とSSJ100の計画を早期に進めるよう」指示が下されたといいます。

 しかし、システムが複雑に進化した現代のハイテク旅客機を1国だけで開発するのは現代では割に合わず、これら2機種も西側諸国の協力なしに成功を収めることは、ほとんど不可能な状態といえるでしょう。

 それどころか、航空機、その部品をはじめとするハイテク製品は、欧米側からロシアへの“警告のカード”として強い力を持ちます。事実米国は侵攻から間髪おかずに、ロシアへ航空機部品などハイテク製品の輸出へ厳しい制限をかけました。他国も協調すれば、「ロシアのハイテク製品の輸入は半分以上減る」とされています。

 MC-21やSSJ-100が旅客機としてライバル機に遅れをとる性能でなければ、もしかすると今後、航空会社から評価をうけ、多くの国々で見ることが増えるかもしれません。――ただ、それにはまず侵攻をやめることが不可欠といえるでしょう。平和な空を飛ぶのが旅客機なのですから。

関連記事(外部サイト)