高速道路に「通勤定期」なぜないの? 代わりの制度は見直し検討中

高速道路に「通勤定期」なぜないの? 代わりの制度は見直し検討中

高速道路に通勤定期はなぜ存在しないのか。写真はイメージ(画像:写真AC)。

鉄道の通勤定期券のような制度が高速道路には存在しません。代替として導入された制度もありますが、それも見直しが検討されています。

高速道路になぜ通勤定期がないのか

 鉄道では一般的に、指定の区間が乗り放題になる定期券が存在しますが、高速道路にはありません。乗りものニュースの読者から、「高速道路の通勤定期がなぜないのか、調べてほしい」という声が寄せられました。

 NEXCO西日本がウェブサイトの「よくある質問」に、「毎日通勤のために高速道路を通行していますが、定期券を発行できませんか?」との項目を設けています。やはり「よくある質問」のようですが、その回答は次の通り。

「通行料金は、通行1回ごとのご利用について決められておりますが、利用回数に制限のない定期券は、現金やETC割引をご利用されるお客さまとの間に著しい不公平が生じることから実施しておりません」

 つまり、人により利用頻度に差があるので、乗り放題の制度だと不公平が生じる、と読むことができます。

 実は、NEXCO発足以前に国が実施した、高速自動車国道の料金割引に関するパブリックコメント(一般からの意見募集)でも、定期券のような定額料金制度を望む声が寄せられています。その代わりとして設定されたのが、ETC専用の「通勤割引」でした。

 通勤割引は2005(平成17)年1月から始まり、6〜9時または17〜20時のあいだに利用した場合、午前と午後それぞれ1回の利用に限り、地方部(大都市近郊は除く)の高速道路料金を5割引きしていました。当初は100km以内の利用という制限がありましたが、のちに100kmを超えても100km分を5割引きにするよう緩和されています。

 この制度について、先のパブリックコメントへの回答では「区間を限定しない制度とすることにより、利用者は、乗り越し等の余分な手続なしに鉄道等と同等以上の割引を受けられるものと考えられる」とされていました。

 ただ、時間と回数でしか縛っていなかったので、たまたま旅行で通った人などにも適用されてしまいます。国の委員会は「通勤を目的とした反復利用者に特化した割引等へ移行することが望ましい」と指摘。これを受け、2014(平成26)年から「平日朝夕割引」に装いを新たにしました。

通勤定期、今こそアリ? コロナ後の変化受け見直しへ

 平日朝夕割引は、ETCマイレージサービスの登録が必要で、利用回数に応じて段階的に割引率が高まるよう設定されており、月10回以上利用すれば最大の50%割引が受けられます。割引はその場で適用されるのではなく、1か月分を合算のうえ、翌月にETCマイレージサービスの還元額(無料通行分)として付与されます。

 もともと通勤割引や平日朝夕割引は「生活対策」として導入され、通勤利用のドライバーに便宜を図るだけでなく、高速道路の利用を促し“一般道の混雑を緩和”する目的がありました。平日朝夕割引への移行後も含め、実施区間の約半分で、一般道から高速道路への転換が図られているといいます。

 しかし、割引時間帯に高速道路のほうが混雑している地域もあるなどの理由から、2021年7月に発表された国土幹線道路部会の中間答申にて、他の割引制度と同様、その目的も含めて見直しを検討すべきとされています。

「感染症の影響で通勤のあり方が変化し、利用時間が以前より早くなったり、遅くなったりしています。またETCの利用データを見ると、月に20回ほど通勤利用している人もあまりいないんですね。平日朝夕割引は、必ずしも通勤で多く利用している人が割引を享受できるものではなくなっています」

 こう話すのは国土交通省高速道路課の担当者。見直しの方向性は、まだはっきりとは定まっていないといいます。

 では、改めて鉄道の通勤定期券のような制度を検討する余地はあるのでしょうか。高速道路課の担当者は、割引率の設定が難しいほか、業務で同じ区間を1日に何往復もしている人も確かに存在するため、やはり定期券のような乗り放題の制度では、利用頻度の差が人により非常に大きくなる点が課題だと話します。

 とはいえ、人々の通勤が変化するなかで、「時間にしばられなくなるという点は、考える必要はある」とのこと。多くの企業が通勤定期のような制度を求めているかどうかも、検討していきたいといいます。

関連記事(外部サイト)