3種全部ナゾ形状! 英ATI「新型旅客機案」 プロペラ6発/翼3つ/お腹ぼってり…なぜ?

3種全部ナゾ形状! 英ATI「新型旅客機案」 プロペラ6発/翼3つ/お腹ぼってり…なぜ?

ATI「FlyZero」のナローボディタイプ(画像:ATI)。

イギリスのATIが開発を進めている旅客機案「FlyZero」の具体的なスペックが紹介されました。水素を動力とする「ゼロ・エミッション機」で3タイプ。それぞれが個性あふれるデザインを持ちます。

6発プロペラ機…なぜ?

 イギリスのATI(Aerospace Technology Institute、航空宇宙技術研究所)が2022年3月、開発を進めている旅客機コンセプト案「FlyZero」の商業・運用レポートを発表しました。このなかで、3種ある「FlyZero」たちの具体的なスペックが、それぞれ紹介されています。

「FlyZero」は、リージョナル(地域間輸送)、ナローボディ、ミッドサイズ(中型機)の3タイプに大別されます。これらはいずれも液体水素を動力源とすることで、二酸化炭素を排出しない「ゼロ・エミッション機」となります。3機種それぞれのユニークな特徴は次の通り。

●リージョナルタイプ

 ATR社のターボプロップ旅客機「ATR72-600」を参考機とし、全長は28.9m、全幅は31m。客席は横3-2列を配する75席仕様で、航続距離800海里(約1480km)、巡航スピードは325ノット(約600km/h)とされています。

「FlyZero」のリージョナルタイプの設計の最大の特徴は、プロペラを6基搭載していること。全て推進用ですが、現代のこのクラスの旅客機では、エンジンは2発がスタンダードです。ATIは、プロペラを6基とする「分散推進」とすることで、離陸・上昇中にエンジン故障した場合でも、影響を最小限に抑えることができるとしています。

 ATIは、このリージョナルタイプと同クラスのサイズをもつ水素航空機が、一番最初に実現する可能性が高いだろうと予測しています。

いわゆる「ジェット機」の2種類

●ナローボディタイプ

 エアバス社のベストセラージェット旅客機「A320neo」を参考機とし、全長は44.8m、全幅は39.3m。客席は最大横2-3-2列を配する180席仕様で、航続距離は最大2400海里(約4445km)、巡航スピードは450ノット(約833km/h)とされています。なお、ナローボディは通常「単通路旅客機」を指しますが、ATIでは「(単通路)のA320neoと同クラスの席数」の意味でこの用語を使用しているようです。

「FlyZero」のナローボディタイプには、いくつか設計に特徴があります。たとえば主翼、水平尾翼に加え、機首側に先翼(カナード)を備えた「三翼機」であること、胴体断面後部にかけ広く膨らんだ形状など。前者は上下方向の安定性向上のための設備で、後者は空気抵抗軽減のための設計とのことです。

●ミッドサイズタイプ

 ボーイング社のジェット旅客機「767-200ER」を参考機とし、全長は59.6m、全幅は52.0m。客席は横3-3-3列を標準とする279席仕様で、航続距離は最大5750海里(約1万650km)、巡航スピードは473ノット(約875km/h)とされています。

「FlyZero」のミッドサイズタイプは胴体下部がぽっこりと膨らんでいるのが特徴。これは「チークタンク」というもので、後部の「メインタンク」と2か所に燃料を格納することで、航続距離を伸ばします。ちなみに、ナローボディ、ミッドサイズとも、参考機と比べて胴体の太さが一回り大きくなっています。これは胴体後部に水素燃料のメインタンクを備えるためです。

 なおATIは資料の中で「ミッドサイズは開発のコストは高いが、リージョナルタイプより早く水素航空機が参入する可能性がある」といったコメントを残しています。

関連記事(外部サイト)