ホンダ×GMが深~く連携強化 数百万台規模でEV生産へ

ホンダ×GMが深~く連携強化 数百万台規模でEV生産へ

ホンダとGM、ならびにGM関連会社のクルーズが自動運転サービスの技術実証に用いているGM(シボレー)「ボルト」ベースの自動運転車。従来から連携してきた(画像:ホンダ)。

設備の共通化も図ります。

すでに共同開発車種も ホンダとGM

 米GM(ゼネラルモーターズ)とホンダは2022年4月5日(火)、EV(電気自動車)の共同開発など連携強化を発表しました。

 両社で設備の共通化などを目指し、量販価格帯のコンパクトSUVを含む新たなEVシリーズを2027年以降、北米を皮切りに投入予定としています。GMの次世代アルティウム(Ultium)バッテリーを搭載したEVをということです。

 ホンダの三部敏宏社長は、カーボンニュートラルの実現には「EVのコストを下げ、より多くのお客様にEVを所有していただくことを可能にしなくてはなりません」とコメント。グローバルでEVの販売台数を飛躍的に拡大するため、GMとの協業をさらに強固なものにしていくといいます。

 GMとホンダはこれまでも、EVや自動運転分野で協業してきました。2024年に発売予定のホンダ「プロローグ」や、その後に続くアキュラ初のSUV型EVも、両社共同で開発しています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?