15年ぶりの新車なるか S40年代製造の一般車450両を順次置き換え 近鉄

15年ぶりの新車なるか S40年代製造の一般車450両を順次置き換え 近鉄

近鉄1010系電車(画像:写真AC)。

紅白ツートンカラー、受け継がれるでしょうか。

車内防犯対策も推進

 近畿日本鉄道は2024年度以降、一般車両の更新と車内防犯対策に、計約180億円を投資すると発表しました。

 更新対象の車両は、昭和40年(1965年~)代に製造された約450両。老朽化していることから、今後の利用状況も見極めながら、順次新型車両に置き換えるとしています。

 近鉄は約15年間、新型の一般車両を導入していません。なお、昭和50年(1975年~)代に製造された車両も約240両あります。

 防犯対策では、全車両への防犯カメラ整備を推進するほか、通話機能付き車内通報装置の設置も拡大させるとしています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?