宇宙でキャタピラ必要?「ガンタンク」の存在意義 ガンダム世界の“戦車”ではない?

宇宙でキャタピラ必要?「ガンタンク」の存在意義 ガンダム世界の“戦車”ではない?

戦車型メカは必然があって存在した!?(イラスト:オウジケイスケ)。

アニメ『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツ「ガンタンク」。名前の通り戦車のような兵器ですが、そもそも宇宙空間での戦いでは必要ないはず。なぜ宇宙船であるホワイトベースに戦車が搭載されているのでしょうか。

宇宙世紀の3年間は長い

 戦車は、一般的に履帯(キャタピラ)駆動の走行装置に裏打ちされた高い悪路走破性と、ぶ厚い装甲による高い防御力、そして大威力の大砲という、走・攻・防の三要素すべてに秀でた戦闘車両です。しかし将来、宇宙空間で戦闘が起これば、空中に漂ってしまうので、この性能は必要なくなるとも考えられますが……アニメ『機動戦士ガンダム』では、宇宙船である「ホワイトベース」に、戦車のような兵器「ガンタンク」が搭載されていました。

 宇宙のキャタピラ兵器――なぜそのようなものが搭載されていたのか、筆者(安藤昌季:乗りものライター)が非公式に考察してみます。

※ ※ ※

 RX-75-4「ガンタンク」は、地球連邦軍のモビルスーツ開発計画「V作戦」で最初に開発された戦車型モビルスーツです。走行システムこそ履帯駆動ですが、車体上部は人間の上半身のような形状で、両肩には120mmキャノン砲を装備し、腕部には4連装ボップ・ミサイル・ランチャーを備えます。

 その姿から敵であるジオン軍からも「戦車」と呼ばれますが、なぜこのような機体が作られたのでしょうか。

 形式番号RX-75でもわかるように、ガンタンクは宇宙世紀0075より開発された機体です。RX-78ガンダムの3年前に開発された機体ということです。

 宇宙世紀で3年間といえば、ガンダムがIフィールドバリアを搭載した、デンドロビウムに進化するほどの年月。いかに開戦前とはいえ、ガンタンクは旧式兵器となるようにも思えます。しかし、劇中では連邦軍本部のジャブローから、ホワイトベースにより3機のガンタンクがサイド7に運ばれ、そこで新規に組み上げる予定でした。

 実際にはジオン軍のザクによりガンタンク2機が破壊され、ホワイトベースには1機のみが搭載されましたが、大切なことは「ホワイトベース搭載用に新規生産された」ことです。V作戦のモビルスーツは、白兵戦用のガンダムと、中距離支援用のガンキャノン、そして戦車型のガンタンクとなります。ガンダムを支援するなら、同じ人型のガンキャノンだけでよく、鈍重そうなガンタンクは不要に見えます。

 それでも新規生産されたのですから、ガンタンクはV作戦の初期構想では、ガンダムやガンキャノンに劣らぬほど、必要なモビルスーツであったことになります。

ガンタンクは母艦防空兵器

 筆者は「ガンダムを支援するのがガンキャノン」「母艦のペガサス級強襲揚陸艦を防空するのがガンタンク」という構想だと考えます。

 実際、初期のテレビ版では、劇中ガンタンクは戦車というよりも、自走砲兼自走高射機関砲といった運用をされることが多かったです。

 その点では、戦車や装甲車などに随伴し、向かってくる敵の軍用機やミサイルなどに対して搭載する35mm機関砲を射撃する、いわゆる対空戦車としての運用を想定して開発されたドイツの「ゲパルト」や、ロシアの「ツングースカ」、日本の87式自走高射機関砲と同じだといえるでしょう。

 ちなみに、87式自走高射機関砲は、陸上自衛隊では非公式ながら「ガンタンク」という愛称が付けられています。

 実際、劇中では「砲弾が対空用ではないから、1機しか落とせない」という台詞も出たほどで、ガンタンクの初戦果はパプア補給艦に対する遠距離砲撃であったものの、地上に降下後は、主にジオン軍戦闘機ドップを砲撃するという、対空戦車のような戦い方をしています。ガンタンクはジオンの陸戦主力兵器であるザクや、戦車のマゼラアタックをほとんど狙っていません。

 このように劇中を見る限り、ガンタンクの主敵は航空機、そしてアムロの台詞によれば「要塞攻撃に適している」兵器でもあります。どういうことでしょうか。

 ヒントとなるのは、ガンタンクの主砲である120mmキャノン砲の射距離だと考えます。この大砲は射程距離が240〜260kmもあります。地上でこんな長射程があっても、砲弾は水平線の向こうへの着弾となり、弾着観測は困難です。

 ガンタンクは頭頂高15mと車高の高い兵器ですが(自衛隊の10式戦車は全高2.3m)、これは、レーダーが使えないミノフスキー粒子下において、主砲の弾着観測を行うために、あえて高くしているのでしょう。たとえば、旧日本海軍の最上型重巡洋艦は上甲板から、艦橋にある弾着観測用の測距儀まで、17.3mの高さがあり、これはガンタンクに近いです。

 なお、ガンタンクの母艦であるペガサス級は、平たい甲板があります。筆者は、この平たい甲板は「ガンタンクを露天係止するために、あえて平たくしている」のだと考えます。

ガンダムより高機動なガンタンク

 なお、ガンタンクのスラスター推力は8万8000kgで、これはガンダムの5万5000kgを上回ります。数字だけ見ればガンタンクの方が高機動兵器だといえるでしょう。

 推力重量比もガンダムの0.925に対して、ガンタンクは1.1で上です。推力重量比は1を超えると、推力で飛行可能です。実際、劇中では地球上で底面のスラスターを噴射して飛行し、空中のホワイトベースに帰還しています。

 つまり、母艦が飛行していても、甲板上の適切な位置にガンタンクを再配置できます。そして、甲板上の高い高度から砲撃することで、長射程を活かせると考えられます。

 もちろん、宇宙ではミノフスキー粒子の濃度が薄ければ、260km先でも砲撃できることから、艦艇に対しても、要塞に対しても有効で、長射程は無駄にはなりません。

 ガンタンクはペガサス級に最大8機を搭載する予定でした。ペガサス級は、底面の対空砲力は上面より少ないです。宇宙には上下がありませんので、複数のガンタンクを、底面を含めたペガサス級の平たい甲板に露天係止して、対空砲の死角を補い、場合によっては対艦砲撃に参加することが想定されていたのでしょう。

 なお、近年のプラモデルのガンダムでは「コアファイターごと台座が回転」して、腰部回転できますから、実はガンタンクも上半身回転が可能で、相当な対空射界があったとも考えられます(劇中描写では、キャタピラによる方向転換は非常に速いですが……)。

 また、初期のガンタンクは砲手と操縦手が別れていましたが、これは砲手を対空射撃に専念させたいということなのでしょう。

 またガンタンクは劇場版ではガンキャノンと交代していますが、これは連邦軍が攻勢に転じる中で、防御兵器よりも攻撃兵器を重視したのだと考えられます。

 一年戦争以降では、ガンタンクのような戦車型兵器はほぼ見られなくなりますが、これはモビルスーツの性能が向上し、ガンタンクのような対空砲台で迎撃するよりも、同じモビルスーツで迎撃する方が効果的と考えられたからだと筆者は推察します。

関連記事(外部サイト)