上高地線 6/10に全線運転再開 橋梁被災の松本〜渚が復旧めど 約10か月ぶり

上高地線 6/10に全線運転再開 橋梁被災の松本〜渚が復旧めど 約10か月ぶり

上高地線の20100形電車(画像:アルピコ交通)。

新型車両「20100形」もいよいよ松本駅へ!

大雨で被災し運休続く

 長野県松本市で鉄道を運行するアルピコ交通は2022年4月27日(水)、昨年8月から運休しバス代行輸送が続く上高地線について、6月10日(金)始発から全線運転再開すると発表しました。

 上高地線では2021年8月11日ごろからの全国的な大雨の影響で、上高地線の西松本〜渚間にある田川橋りょうが被災。橋脚が傾くなどの被害を受け、一部区間で運休、バス代行が続いていました。

 田川橋りょう周辺の復旧工事の見通しが立ったことから、約10か月ぶりに松本〜渚間でも運転再開。電車が松本駅へ乗り入れます。

 また、3月25日にデビューした22年ぶりの新型電車「20100形」にとっても、初めての松本駅乗り入れとなります。

関連記事(外部サイト)