21世紀の”ミニバス”クルぞ! レア機「エアバスA220」、羽田に初飛来へ エアバスなのに100席級

21世紀の”ミニバス”クルぞ! レア機「エアバスA220」、羽田に初飛来へ エアバスなのに100席級

エア・バルティックのA220-300(画像:エアバス)。

エアバスの旅客機のなかでも「異端児」です。

5月9日に東京で…

 ヨーロッパの航空機メーカー、エアバスが2022年5月、同社の旅客機「A220」でアジア太平洋地域を巡るデモンストレーションツアーを実施しています。このツアーの一環でA220は羽田空港にも飛来予定で、同社の公式Facebookによると、「5月9日に東京で見ることができる」とのことです。同型機の羽田への飛来は初めてとなります。

 A220は当初、ボンバルディアの「Cシリーズ」として開発された100〜150席クラスの旅客機です。同型機は2018年に、2社の業務提携によって「エアバスA220」にモデル名を変更したというユニークな出自をもちます。A220は、標準型のA220-100と胴体延長型のA220-300、ふたつのタイプがラインナップされており、同様サイズの旧世代航空機と比較して最大25%の燃料節約を実現するほか、6300kmの航続距離をもちます。

 なお、2021年現在、日本の近隣国では大韓航空がA220を導入。一方で、日本の国内航空会社での同型機導入はまだありません。

 今回飛来してくる機体は、ラトビアのエア・バルティックのA220-300。客室は1クラス、145席を配します。エア・バルティックはA220「ローンチカスタマー(初期発注者)」です。今回の機体はシドニー、シンガポール、ハノイを経て、羽田にやってきます。なお、羽田では招待客向けの内覧会も実施される予定です。

関連記事(外部サイト)