日本じゃまだレア機 「エアバスA220」のスゴイ客室とは 小型だが「大型機並み」はホントだった!

日本じゃまだレア機 「エアバスA220」のスゴイ客室とは 小型だが「大型機並み」はホントだった!

羽田空港に飛来したエアバスA220(2022年5月8日、乗りものニュース編集部撮影)。

異色経歴の持ち主ですが、機内のハイテクさはまさに「エアバスらしさ」があります。

エアバスらしくないルックス?

 エアバスが販売する100席〜150席級の新鋭旅客機「A220シリーズ」が、アジア太平洋地域の主要都市に飛来するデモ飛行ツアーの一環で、2022年5月8日に羽田空港へ飛来しました。A220として羽田へやってくるのは初めてということで、翌9日にはこの機内が報道陣に公開されています。

 A220シリーズは現行のエアバス製旅客機のなかではもっとも小型のシリーズです。当初、ボンバルディアの「Cシリーズ」として開発されたモデルで、2018年に、2社の業務提携によって「エアバスA220」にモデル名を変更したというユニークな出自をもちます。

 そのこともあってか、従来のエアバス機とは毛色の異なる、「全面的に新設計」のデザインが採用されています。たとえば機首部分の形状などは、ベストセラー「A320」などの系譜を汲むものではなく、どちらかというとボーイング787やA350に近いようなルックスに。これは空気抵抗を減らし、飛行効率を上げるための工夫だそうです。

 シリーズは、標準型のA220-100、胴体延長タイプのA220-300の2タイプで構成されます。今回羽田にやってきたものは、ラトビアのエア・バルティックへ2022年4月下旬に引き渡されたばかりのA220-300「YL-ABH」。客室は1クラスで約150席を配します。なお、エア・バルティックはA220の「ローンチカスタマー(初期発注者)」です。

 このA220の客室は、どのようなものなのでしょうか。

機内に入ってみたらすごかった!

 エアバスA220-300の客室の座席配置は、横3-2列。現代の単通路機では珍しい、ユニークなレイアウトが採用されています。そして、同型機の客室の最大のセールスポイントは「ワイドボディ機(複通路機)なみの居住性」です。

 手荷物預け棚は全乗客がスーツケースを持ち込める大型のものが採用され、棚の構造に工夫を加えたことで頭上スペースも確保。エコノミークラス席も「同クラスの機体とくらべてもっとも横幅が広い」ものを採用していています。

 客室窓も大きく、そのサイズは「ボーイング777より大きい」というのがエアバスの弁。窓の大きさに加え、照明もLEDのものが採用されているため、従来の単通路機よりも機内が明るく感じるのもポイントだそうです。ちなみにLED照明は、カラーを変更でき、便によって雰囲気をガラリと変えることも可能です。

 他方で航空会社にとっても、A220は運航コストが低い旅客機であることもポイントだそう。エアバスは、A220は旧世代機と比較して座席当たりの燃費を最大25%削減しており、CO2排出量・騒音影響範囲も旧世代機比で大幅な削減が図られたといいます。

 A220シリーズはこれまでに740機の受注を獲得し、すでに現在200機以上が運用されています。一方で現在のところ、日本国内の航空会社での導入はありません。エアバスの担当者は「A220は、日本での運用でも最適な航空機です」とアピールします。

関連記事(外部サイト)