近鉄の新型車「座席付きフリースペース」で勝負に出る デザイナーに聞く課題と思い

近鉄の新型車「座席付きフリースペース」で勝負に出る デザイナーに聞く課題と思い

近鉄が発表した新型一般車(画像:近畿日本鉄道)。

近鉄が新たな一般車両のデザインを発表。車内には「ベビーカーや大型荷物に対応する座席付きスペース」が設けられます。実はこれ、近鉄の今後を左右する画期といっても過言ではない新機軸です。

内装にも新機軸「座席付きフリースペース」

 近畿日本鉄道(近鉄)が2022年5月、一般車両として2024年に導入する新型車両のデザインを公開しました。奈良線などを走る新型一般車としては、「シリーズ21」以来24年ぶりとなる見込みです。赤と白を基調としたカラーを踏襲しながらも、従来のイメージを大きく覆すデザインは、SNSなどで話題になりました。

 インテリアでも様々な特色が打ち出されていますが、その中でも他社にない特徴 が、一人掛けの座席を備えた「ベビーカー・大型荷物対応スペース」です。1両あたり2か所設置にされます。

 このような“フリースペース”は、車いすにも対応するものとして、国土交通省も導入を推進しているものです。通常は車端部に1か所、既存の座席を取り払う形で設けられています。しかし今回は、車両の中ほどのドア横に各2か所。簡易ながら一人掛けの座席も設けているフリースペースは、日本初だそうです。

 今回の車両は、既存の5820系電車(シリーズ21)でも採用されているL/Cシート(利用状況に応じてロングシートとクロスシートを切り替えられる)が導入されており、フリースペースの一人掛け座席は、ロングシートの端に仕切りを設ける形で設置されます。利用イメージ画像を見ると、ロングシートの際には横向きに、クロスシートの際には進行方向へ向いて座り、その傍らや足元にベビーカーや大型荷物を置けることが分かります。

 車両デザインを担当した株式会社イチバンセンの川西康之さんに聞いたところ、この“仮称フリースペース”は、ある意味、近鉄の今後を左右する新機軸であることが分かりました。

ベビーカー利用者になって感じた「分かりづらさ」

 川西さんはこの“仮称フリースペース”の背景について、「そもそも、『子育てしやすい沿線』『選ばれる近鉄沿線』を目指そう、という議論がありました」と話します。関西の他の私鉄が、沿線開発などで子育てしやすい沿線を意識している中で、近鉄は遅れをとっているといいます。

「そこで近鉄の新型では『全てのドアからベビーカーなどが乗れる電車にしましょう』、これによって、他社とは異なる魅力(=住んでみたい)を打ち出すことができると提案しました」(川西さん)

 つまり、このスペースと車両を通じて、「子育てしやすい沿線」を体現しようというわけです。

 しかし、「着席定員が減るわけですから、近鉄本社も相当な覚悟と挑戦でした」(川西さん)。調整の結果、全てのドア付近に“仮称フリースペース”を設けるには至らなかったものの、「かなりインパクトのある挑戦になったと思います」と振り返ります。

 このスペースについて川西さんは、プロジェクトが始まった頃に娘さんが生まれたことがきっかけになったとSNSで公表しています。

「どこへ行くにもベビーカー連れとなったのですが、近所の駅でベビーカーを電車に乗せようとすると、車両形式によってベビーカースペースの位置が異なったり、そもそもスペースがなかったりと、分かりづらく感じました」(川西さん)

 なお、このスペースの床や座席には緑色が使われますが、これは「平城宮跡や曽爾高原のような芝生の広場をイメージして気軽さを演出しています」とのことです。

 ちなみに新型の外観についてSNSでは、かつての「近鉄バファローズの帽子の配色に似ている」との声もありましたが、川西さんによると、「バファローズは一度も議論に出ていません」とキッパリ。

 ただ、「次世代の近鉄電車は何色か」を議論し、たくさんの色・塗装パターンを検討して、最終的に伝統の赤色が基調になったといいます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?