急行「砂丘」「鷲羽」臨時復活!瑞風&銀河がやってくる 岡山DCで企画列車続々

急行「砂丘」「鷲羽」臨時復活!瑞風&銀河がやってくる 岡山DCで企画列車続々

国鉄色にリバイバルされた381系電車(画像:JR西日本)。

「みまさかスローライフ列車」も3年ぶりの運行です。

盛り沢山のキャンペーン企画

 JR西日本は2022年5月19日(木)、7月から開催される「岡山デスティネーションキャンペーン」に合わせた企画「おか鉄フェス」を発表しました。

 岡山・備後エリアでは、かつて走っていた急行「砂丘」と急行「鷲羽」をリバイバルした団体臨時列車を運行するとしています。ダイヤ等詳細は後日発表となります。

 急行「砂丘」は津山線・因美線を経由して岡山〜津山〜鳥取間で運行されていた列車。1968(昭和43)年10月時点のダイヤでは、1日1往復で、倉吉駅(当時は上井駅)を発着し、宇野線の宇野駅との間を約5時間で結んでいました。

 その「砂丘」は今回のリバイバル運転で、岡山〜智頭間を運行予定です。

 急行「鷲羽」は大阪〜岡山〜宇野間で運行されていた列車。関西から四国への移動手段を担う急行でした。当時は瀬戸大橋がまだ無く、宇野港から高松港へ直通する、国鉄連絡線「宇高航路」が主流となっていたのです。1968年10月時点のダイヤでは、夜行列車を含む1日9往復が定期便で設定され、大阪〜宇野間を約3時間で結んでいました。

 その「鷲羽」は今回のリバイバル運転で、姫路〜宇野間を運行予定です。

 さらに観光列車「WEST EXPRESS 銀河」が関西から岡山エリアへ運行されます。「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」は7月2日(土)に、京都〜新見間で日中時間帯のみ乗車できるプランを実施します(発売終了)。

 また、岡山〜尾道間を走る観光列車「La Malle de Bois」が8月27日(土)に特別運行。珍しい夕方の運行となります。

 さらに、キハ40系・47系のノスタルジー車両による「みまさかスローライフ列車」が、2019年11月以来の運行再開となります。因美線の全通90年にあわせたもので、津山〜那岐間で、7月23日・24日に運行予定です。

 岡山DCに先駆けて3月からは、岡山〜出雲市間で運行する特急「やくも」の381系電車1編成(6両)が、国鉄色にリバイバルされています。

※誤字を修正しました(5月20日9時17分)。

関連記事(外部サイト)