福井鉄道が新型「F2000形」導入へ 3両・ロングシートの路面電車タイプ

福井鉄道が新型「F2000形」導入へ 3両・ロングシートの路面電車タイプ

福井鉄道の新型F2000形のイメージ(画像:福井鉄道)。

なんかカクっとしたフォルム!

バリアフリー化・省エネ化さらに

 福井鉄道は2022年5月24日(火)、新型車両「F2000形」を導入すると発表しました。

 3両編成(3連接車体)の超低床車が1編成導入されます。仮の愛称は、「FUKURAM Liner(フクラム ライナー)。

 福井鉄道で3連接の超低床車としてはF1000形「フクラム」がありますが、座席配置は異なり、F2000形はロングシートを採用。F1000形より通路幅を広くするなど、バリアフリーに配慮するとともに、朝ラッシュ時の混雑緩和を図るといいます。

 運行開始時期は2023年春が予定されています。

関連記事(外部サイト)