「ローレル賞」に選出 東京メトロ17000系・18000系・京阪3850形 理由と車両の特徴は

「ローレル賞」に選出 東京メトロ17000系・18000系・京阪3850形 理由と車両の特徴は

京阪3850形電車と東京メトロ18000系電車(画像:写真AC・鉄道友の会)。

「ブルーリボン賞」は京急1000形1890番台でしたが…。

会員の投票結果を参考に、選考委員会が「優秀」と認めた車両を選定

「鉄道友の会」は2022年5月26日(木)、東京メトロ17000系電車および18000系電車と、京阪3850形電車を「ローレル賞」に選定しました。「ローレル賞」とは、前年に日本国内で正式に営業運転を開始した新造車両もしくは改造車両から、「鉄道友の会」会員の投票結果を参考に、選考委員会が「優秀」と認めた車両を選定するものです。

 それぞれの車両の選定理由は以下のとおりです。

○東京メトロ17000系・18000系
サービス設備や搭載機器のレベルアップを積み重ねた点や、2系列を基本仕様の共通化による取扱い、メンテナンスの共通化を最大化するとともに、投入線区の独自性の両面を実現したことを評価した。

○京阪3850形
京阪特急列車は転換クロスシートを備え、時代に呼応した幾多の細やかなサービスを提供してきた。その系譜を引き継ぎ、風雅な趣のあるプレミアムカーは、通勤・観光のあらゆるシーンにおいて瀟洒で心地よい移動空間を楽しむことができる。その完成度の高さを評価した。

 東京メトロ17000系は2021年2月に有楽町線・副都心線用として、一方の18000系は同年8月に半蔵門線用としてそれぞれ運行開始。両形式とも、車体構造や搭載機器には共通点が多く、座席幅の拡大や全車両へのフリースペースの設置、ホームと車両のあいだの段差低減など、客室設備・バリアフリー設備のレベルアップが行われています。さらに消費電力量を削減した機器を採用したほか、脱線検知装置の導入や搭載機器の遠隔監視なども行えます。

 京阪3850形は、新造プレミアムカーとして2021年1月に運行開始。転換クロスシートを昇華させた回転式リクライニングシートを採用し、京阪間の有料座席指定サービスもさらに拡充させています。各座席のフィット感を向上させ、冬季でも快適に乗車できるよう、京都寄り車端部4席の背もたれにはヒータを設置。また鉄道車両の窓用ガラスとしては世界で初めて、液晶ディスプレイを内蔵しています。

 インテリアデザインは高級感あふれるものであり、居住性向上に寄与する空調装置や微粒子イオン発生装置、強制換気装置を搭載しています。

関連記事(外部サイト)