「ビースト」だけじゃない バイデン大統領の車列は「動くホワイトハウス+ペンタゴン」だ!

「ビースト」だけじゃない バイデン大統領の車列は「動くホワイトハウス+ペンタゴン」だ!

アメリカ大統領専用車「ビースト」。シークレットサービスのコードネームでは「ステージコーチ」とも(深水千翔撮影)。

バイデン大統領らの来日により東京都内を走り回ったアメリカの大統領専用車「ビースト」。しかしその周りには常に様々な車両が付き添っていました。「ビースト」以外にも注目すべき“専用車”にスポットを当ててみます。

2台いた大統領専用車「ビースト」

 2022年5月24日に開かれた日米豪印4か国(クアッド)首脳会談。これに伴い来日したアメリカのバイデン大統領とともに、大統領専用機VC-25A「エアフォースワン」や都内を移動するために使用した大統領専用車「ビースト」などが注目を集めましたが、筆者(深水千翔:海事ライター)は今回、「ビースト」に随伴するシークレットサービスの警護車、さらに米国防総省へ通信を中継する特殊な車両などに注目してみました。

 首脳会談の会場となった総理大臣官邸へ向かうバイデン大統領の車列に加わった自動車の数は日米合わせて約30台。一般車両の通行が止められた東京の道路を堂々と進んでいく姿はまさに圧巻でした。

 車列の中心となるのは、バイデン大統領が乗った大統領専用車です。同車はGM(ゼネラルモーターズ)が誇る高級車ブランド「キャデラック」の特別仕様車で、シークレットサービスが名付けたコードネームは「ステージコーチ」。

 一般的には「ビースト」というニックネームで知られていますが、「エアフォースワン」になぞらえて「キャデラックワン」とも呼ばれたりします。

「ビースト」は大統領の外遊時に、アメリカ空軍の輸送機などで本国から輸送されており、都内では星条旗と日章旗が掲げられた同車を2台見ることができました。

「ビースト」にピッタリ随伴していた「ハーフバック」なる車両

「ビースト」に関して、シークレットサービスは詳細な性能を公表していませんが、海外の報道によれば大統領を守るため非常に優秀な防御能力を持っているそうです。ボディの厚さは約13cm程度。チタン、アルミニウム、セラミックスなどで構成された、いわゆる複合装甲が施されており、窓は全てポリカーボネートの5層構造で強靭な防弾能力を有しています。

 ドアの厚さは約20cm。化学兵器や生物兵器などによる攻撃も想定して気密性が高められており、扉を閉めれば外気を完全に遮断できるとのこと。タイヤはケブラー繊維で強化されており、万が一パンクした状態でもホイールだけで長距離を走行できる構造になっているといわれています。

 ほかにも車体には、煙幕や催涙ガス弾の発射装置など自衛用の装備も備わっているとされています。

 随伴するシボレー・サバーバンは、コードネーム「ハーフバック」と呼ばれる車両で、大統領を警護するシークレットサービスが乗車しています。パトライトが取り付けられており、不測の事態が発生した場合は、大統領専用車の防衛に回ります。

 天井にさまざまなアンテナが取り付けられているのは電子戦対策車「ウォッチタワー」。脅威となる対象への通信妨害や遠隔操作で起爆する爆弾の阻止などを行うほか、直接的な攻撃を受けた場合はIR(赤外線)欺瞞用のスモーク展張、電波かく乱用のチャフ散布、さらには電子戦攻撃(ジャミング)も展開できるようになっているといわれています。

「黒い救急車」と日本警察のアメ車バンの正体

 アメリカの救急車によく似た形状を持つ黒いトラックは、核・生物・化学兵器、いわゆる「NBC(CBRNとも)」攻撃を探知するセンサーと、それに対応する機材を搭載するハザードマテリアル・ミティゲーション・ユニット(Hazard Materials Mitigation Unit)です。備品や機密情報などを運ぶ、保管車両としての役割も持っています。

 車列後方に位置し、屋根上に大きなレーダードームが取り付けられた車両は、ホワイトハウス・コミュニケーション・エージェンシー(WHCA)の「ロードランナー」です。このクルマは、車体後部に「機密情報施設」を組み込んだMC2V(Mobile Command and Control Vehicle)で、その名の通り、移動式の指揮通信車両としての役割を担っています。

「ロードランナー」は暗号化された衛星回線を用いて、大統領専用車「ビースト」とアメリカ本国のホワイトハウス、そしてペンタゴン(国防総省)を常時つないでおり、同車が随伴していることでアメリカ大統領は電話や無線だけでなく、ビデオ会議といったあらゆる手段で指示を出すことが可能となっています。

 また「ロードランナー」は車載式のレーダーシステムを搭載していることで、ミサイルの飛翔やドローンの飛来も検知することができるとされています。

 バイデン大統領の車列にはこのほか、襲撃された場合に反撃を行うシークレットサービスのカウンター・アサルト・チーム(CAT)を乗せた車両や、指揮通信機能を持つ警視庁の警護車なども加わっていました。

 2023年には広島市でG7サミットが開かれることが決まっているため、来年も日本でアメリカ大統領の車列を見ることができそうです。

関連記事(外部サイト)