スカイマーク「ピカチュウ」特別機2号機 初便に乗ったらスゴかった! 外観だけじゃない工夫の数々

スカイマーク「ピカチュウ」特別機2号機 初便に乗ったらスゴかった! 外観だけじゃない工夫の数々

BC519便として那覇空港に到着した「ピカチュウジェット BC 2」(2022年5月30日、乗りものニュース編集部撮影)。

これはちょっと楽しすぎるぞ!

もっとも大きいポケモンがドーン!!

 スカイマークから2022年5月30日にデビューした、ポケモン社とのコラボレーション特別塗装機「ピカチュウジェット BC」の2号機、「ピカチュウジェット BC 2」。この初便である30日のBC519便(羽田15時35分→那覇18時20分着)を搭乗取材してきました。

「ピカチュウジェット BC 2」は人気ゲーム・アニメとして知られている「ポケットモンスター(ポケモン)」の特別塗装機。スカイマークがポケモン社が展開する観光促進策「そらとぶピカチュウプロジェクト」に賛同したことで誕生した2機目の特別機で、「海」をイメージした特別塗装をまといます。

 機体中央には、うきくじらポケモンで「もっとも大きいポケモン」とされる「ホエルオー」がほぼ実際の大きさ(「ポケモンずかん」によると14.5m)で描かれているのが特徴。このほか、「ピカチュウ」「シェイミ」「コイキング」などが胴体に描かれています。なお、2021年に就航した初号機は「ピカチュウ」を全面に押し出したデザインだったことから、大きくデザインの方向性が変わった形です。

 ただ、特別塗装機のなかには、派手な外観であるものの、実際に乗ってみると機内のサービスは標準機に乗っていると勘違いしてしまうくらいスタンダードなものも多くあります。ただ、「ピカチュウジェット BC 2」は、機内も特別です。

乗ってみたら特別なのは見た目だけじゃなかった!

 機内は2号機限定デザインのヘッドレストカバーなどが装着され、座席上の読書灯は、モンスターボールを模したデザインのものが採用。機内のコンセント位置の案内シールやエチケット袋まで「ピカチュウ」です。

 ちなみに、窓から翼を見ると、エンジンカバーの内側にも「コイキング」などのポケモンが描かれており、主翼先端部「ウイングレット」には、ウインクした「ピカチュウ」が描かれています(外側は真顔)。これらも乗って発見できるポイントです。

 出発前、到着後のアナウンスでは人によるものに加え、「ピ〜カ、ピ〜カ、ピカピカ、ピカチュウ、ピカピカ、ピカチュウ(皆様と一緒に空の旅ができることを楽しみにしているという意味だそう。出発前アナウンスより)」といったように、「ピカチュウ」も話します。搭乗降機時に流れる機内BGMも特別仕様のものとなっており、目だけではなく、耳でも特別機を体験できる工夫が凝らされています。ちなみに、この内容は2021年にデビューしている1号機も同様です。

 このほか、CA(客室乗務員)も特別仕様のエプロンを装備し接客にあたり、「ピカチュウジェットBC2」仕様の記念メダルやミニポーチの機内販売などが実施されています。スカイマーク名物の「キットカット」の包装にも、この機が描かれていました。

 初便は一般旅客のほか多くの外国人、報道関係者などでほぼ満席(幼児含む176人)に。旅客の乗り降りのさいには、コックピットの窓に「ピカチュウ」のぬいぐるみが飾られていました。これは同便機長の私物だそう。機長によると、子どもに初めて買ったぬいぐるみが『ピカチュウ』であったため、その実物を持ってきたのだそうです。

【動画】俺はコイツと旅に出る! 「ピカチュウ」による機内アナウンス、実際の映像

関連記事(外部サイト)