JR北海道 2021年度も全線区で赤字 営業係数3000超も コロナ緩和も収支依然厳しく

JR北海道 2021年度も全線区で赤字 営業係数3000超も コロナ緩和も収支依然厳しく

北海道のローカル線は厳しい状況が続く(草町義和撮影)。

特急列車の走らない路線が特に厳しくなっています。

収益自体は前年度比で増加

 JR北海道は2022年6月3日(金)、運営する鉄道の2021年度の線区別収支を発表しました。

 営業収益は、コロナ禍を取り巻く情勢がやや緩和したのをうけ、2020年度より46億4700万円増加した459億8600万円でした。2019年度の782億8000万円に対しては依然厳しい数字ではあるものの、前年度よりわずかな回復が見られています。営業損失は前年から約51億円減少の790億600万円でした。

 線区別にみると、函館本線の小樽〜札幌〜岩見沢間、室蘭本線・千歳線の苫小牧〜白石間、札沼線の桑園〜北海道医療大学間を合わせた「札幌圏」の営業損益は、前年度より約30億円改善しマイナス148億5900万円でした。

 北海道新幹線(新青森〜新函館北斗)は、営業収益は前年度比で約12%増加の45億5300万円。一方で設備修繕の増加により、損益としては4億2900万の営業損失拡大となっています。

 輸送密度は2020年度に比べ、コロナ情勢の緩和で概ね改善しているものの、根室本線の帯広〜釧路間では11%減、日高本線で19%減となっています。

JR北海道在来線の収支ベスト5・ワースト5

 収支を示す指数である「営業係数」(100円の営業収益を得るために必要な営業費用)も線区ごとに発表されています。2020年度は管理費を含む場合、全線区で赤字(100以上)となっており、道内全体では272です(前年度は304)。「ベスト」「ワースト」各5線区は、次のとおりです。

●2021年度営業係数ベスト5(カッコ内は2020年度比)
(1)札幌圏:154円(−19円)
(2)石勝線・根室本線 南千歳〜帯広:274円(−65円)
(3)函館本線 岩見沢〜旭川:287円(−54円)
(4)室蘭線 室蘭〜苫小牧:293円(−39円)
(5)室蘭本線 長万部〜東室蘭:300円(−33円)

●2021年度営業係数ワースト5(カッコ内は2020年度比)
(1)根室本線 富良野〜新得:3287円(−319円)※東鹿越〜新得間でバス代行輸送を実施中。
(2)留萌本線 深川〜留萌:2183円(−189円)
(3)根室本線 滝川〜富良野:1980円(+135円)
(4)室蘭本線 沼ノ端〜岩見沢:1287円(−109円)、函館本線 長万部〜小樽:1287円(−42円)

 なお、営業係数が前年度比で悪化したのは、根室本線 滝川〜富良野、石北本線 新旭川〜上川、富良野線 富良野〜旭川、日高本線 長万部〜鵡川の4線区です。

関連記事(外部サイト)