ANA国内線、羽田発着便で2年4か月ぶりに”コロナ減便完全撤廃”へ 「コロナ前より便数増」も 7月から

ANA国内線、羽田発着便で2年4か月ぶりに”コロナ減便完全撤廃”へ 「コロナ前より便数増」も 7月から

ANA羽田発着コロナ減便撤廃

ANA国内線、羽田発着便で2年4か月ぶりに”コロナ減便完全撤廃”へ 「コロナ前より便数増」も 7月から

ANAの旅客機(乗りものニュース編集部撮影)。

2020年3月以来とのことです。

旅客数はコロナ前8割見込む

 ANA全日空)が2022年7月より、羽田発着の国内線全便で、コロナ禍関連の減便なく全便を当初の便数計画どおりに運航します(2日から)。コロナ減便なしで運航されるのは、2020年3月以来、約2年4か月ぶりとなります(GWやお盆期間などの特需日除く)。

 また7月~8月の羽田発着の運航便数は、臨時便込みで2万3830便を予定。これはコロナ禍以前の2019年の7月~8月(2万3475便)を上回る数値とのことです。

 なお、羽田発着含むANA国内線全路線の便数は、7月、8月ともに95%程度まで回復予定。減便・運休が実施されるのは、成田発着の5路線を中心とした、計9路線にとどまる見込みです。なお、ANAによると「国内線旅客数は、現時点でコロナ前の6割まで回復。7~8月はコロナ前8割を見込んでいる」とのこと。同社では、需要増にお応えすべく、今後も臨時便の追加設定を検討するほか、7~8月にタイムセールを実施するなど、需要の取り込みを狙うとしてます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?