うおぉキタ!! 史上初 JALの最新旅客機「エアバスA350」鹿児島空港に出現! なぜ飛来?

うおぉキタ!! 史上初 JALの最新旅客機「エアバスA350」鹿児島空港に出現! なぜ飛来?

鹿児島空港に到着したJALのA350-900(2022年6月12日、乗りものニュース編集部撮影)。

駐機場所も”激レア”…!

「JA02XJ」が担当

 JAL(日本航空)が2019年から国内線の次世代フラッグシップとして導入を進めてきた新鋭旅客機「エアバスA350-900」。主に羽田〜新千歳、福岡、那覇線など「国内幹線」向けに導入されたこの旅客機が、2022年6月12日の午前8時半すぎ、鹿児島空港に飛来しました。同型機の鹿児島空港飛来は、今回が初とのことです。

 JALのA350-900は、ボーイング777国内線仕様機の後継機として導入。国内線ファースト、クラスJ、普通席の3クラスを配し、全席に個人モニターやUSBポート、電源コンセントを設置し、全クラスで新仕様シートを導入するなど、同型機導入をきっかけに客室仕様も一新しました。現在同型機は16機体制で国内線に就航しています。

 今回の飛来は、JALと阪急交通社が、鹿児島空港開港50周年企画として、A350-900を用いた同空港発着の遊覧チャーターフライト企画の実施にともなったフェリー(回送運航)便。同日実施予定のチャーターフライトでは、JALのCA(客室乗務員)から構成される地域活性化チーム「ふるさと応援隊」が乗務し、機内では同型機の特長でもある、全席に設置された個人モニターを使用した航空教室も実施されるとのことです。

 なお、飛来したA350-900は、JALへの導入2号機「JA02XJ」。胴体後部にシルバーの文字で「A350」と大きく描かれているのが特徴です。このシルバーのカラーは「革新」を示すとのこと。ちなみにJALでは、導入初号機から3号機までに、それぞれ異なるカラーリングで「A350」の文字を描いた特別塗装を施しています。

 ちなみに、同機の駐機には、2020年に改築を完了したものの、コロナ禍による国際線運休にともなって閉鎖されていた、同空港の国際線ターミナルが特別に用いられています。

※誤字を修正しました(6月12日12時30分)。

関連記事(外部サイト)