新会社は「ソニー・ホンダモビリティ」 EV販売とサービスの合弁会社が具体化

新会社は「ソニー・ホンダモビリティ」 EV販売とサービスの合弁会社が具体化

ソニーが開発したEV「VISION-S 02」(画像:ソニー)。

どんな事業になっていくでしょうか。

ソニーとホンダの新会社、具体に

 ソニーグループとホンダは2022年6月16日(木)、EV(電気自動車)の販売とモビリティ向けサービスを展開する新会社の設立に関して合弁契約書を締結したと発表しました。3月の提携合意から、より具体化した形です。

 新会社は「ソニー・ホンダモビリティ株式会社」。資本金は100億円で、出資比率はソニーとホンダで50:50です。代表取締役会長兼CEOにはホンダから水野泰秀さん、代表取締役社長兼COOにはソニーから川西 泉さんが就任。役員もソニーとホンダから構成されます。

 新会社の設立は2022年中、EVの販売とモビリティ向けサービスの提供開始は2025年が予定されています。なお、新会社の設立と事業開始は、関係当局の許認可の取得等を条件としているということです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?