アウディの“e-人力車”!? インドでEVの電池再利用プロジェクト 注目される「リキシャ」

アウディの“e-人力車”!? インドでEVの電池再利用プロジェクト 注目される「リキシャ」

アウディe-tronのバッテリーを再利用するリキシャ(画像:アウディ)。

けっこう金脈なのかも。

アウディ印のリキシャが登場

 独アウディは2022年6月15日、EV「e-tron」シリーズの使用済みバッテリーを、インドの3輪タクシー、いわゆる「リキシャ」に再利用する取り組みを発表ました。

 アウディAGとアウディ環境財団、そしてインドの新興企業であるNumamが連携した取り組み。リキシャは使用環境からいっても、乗用車ほど強力なモーターを必要としないことから、e-tronで役目を終えたバッテリーを再利用できるといいます。電動の3輪タクシーはインドをはじめアジアでは多くみられるものの、比較的耐用年数が短く、適切に廃棄されていない鉛蓄電池で動作することがよくあるとのこと。

 また充電にはソーラー充電ステーションからの電力を使用し、石炭火力の割合が高い公共グリッド電力を使用せずにカーボンフリーを実現するといいます。なお、リキシャで使われたバッテリーは、照明などの電源としてさらに再利用する構えです。

 ちなみにインドのリキシャは、日本語の「人力車」に由来するもので、現在はガソリンやガスエンジンなどでの「オートリキシャ」が一般的。インドでは800万台を超えるリキシャが走っており、ホンダもリキシャ向けの交換式電池パックシェアリング事業を展開するなど、電動化の進展が期待されるモビリティ分野として注目されています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?