韓国初の国産戦闘機「KF-21」どんな機体? 米の第5世代戦闘機にそっくりな“第4.5世代”とは

韓国初の国産戦闘機「KF-21」どんな機体? 米の第5世代戦闘機にそっくりな“第4.5世代”とは

泗川空港で初飛行したKF-21「ポラメ」戦闘機の試作機(画像:韓国防衛事業庁)。

韓国初の国産戦闘機となるKF-21「ポラメ」がいよいよデビュー。F-22やF-35に似た外観となったのはなぜか、性能面とともにひもときます。

F-22やF-35そっくり?

 韓国・KAI(韓国航空宇宙産業Korea Aerospace Industries, LTD)の新型戦闘機KF-21「ポラメ(若鷹)」が2022年7月19日に初飛行しました。このまま同機がデビューすれば、韓国は中国につぐアジア2か国目の実用ステルス機開発国になるわけです。KF-21はどのような機体なのでしょうか。

 英国のジェーン航空機年鑑によると、双発マルチロール機となるKF-21は、性能面での戦闘機の世代区分が「ステルス能力を持つマルチロール」の“第5世代戦闘機”と評価されています。その一方で、KAIは公式サイトでKF-21を「KF-16(F-16)クラスより高性能」としつつも、“第4.5世代戦闘機”とうたっています。

 KF-21は、胴体底に備えた開閉式の兵器倉「ウエポンベイ」を用いないとされ、胴体下に兵器を吊り下げたイメージ図も公表されています。同機はステルス性の確保を目指した外形をしているものの、この「ウエポンベイ」非搭載が、“4.5世代機”とKAIが称する理由の一つと推測されています。

 そしてKF-21の外形は、アメリカの航空機メーカー、ロッキード・マーチンが開発に携わった戦闘機、F-22やF-35に似ていると称されます。これには相応の背景があります。

 KF-21開発前の韓国は、ジェット練習機のT-50、その派生型の軽攻撃機FA-50を産み出しました。このT-50はフィリピンやイラクなどへの輸出に成功しましたが、ロッキード・マーチンの技術協力を得た機体でもありました。そして、KAIはT-50のロールアウト(完成披露)と同年となる2001年に、間髪をいれずKF-21の開発を宣言しました。

 こうした経緯から、KF-21の開発には、アメリカの名門、ロッキード・マーチンの力が大きく関わっているということができるでしょう。

KF-21、どんなスペックでどんな強みが?

 ジェーン航空機年鑑によると、KF-21はゼネラル・エレクトリックのアフターバーナー付きターボファンエンジン「F414」を2発搭載。前出したT-50と同じく、KF-21もロッキード・マーチンが技術パートナーとなり、飛行制御や電子機器、兵装など21の項目で協力があったとされています。

 韓国空軍ではKF-21をF-4とF-5Eの後進として使い、開発資金を提供したインドネシアでも装備する計画です。飛行試験用の試作機6機のうち、現在4号機は複座型として製造されます。

 KF-21は高い性能を持つ「AESAレーダー」を搭載していることから、最新の空対空ミサイルやレーザー誘導爆弾などを運用可能です。こうした精密誘導兵器は、1970年代を代表する戦闘機だったF-4とF-5よりも圧倒的に高性能なため、韓国の空軍力を確実にアップさせるのは間違いありません。

 KF-21は先述したとおり、「ウエポンベイ」を用いないため、胴体の容積には余裕があると思われます。ただ「ウエポンベイ」は、扉を開けた際に起きる衝撃波や膨張波を制御しなければ、搭載した兵器をスムーズに打ち出せません。現在、この気流のコントロール技術を、韓国は開発中ではないかと思われます。

 韓国はKF-21について、一部の戦闘能力(空対地戦闘能力)が限定された初期生産タイプ「ブロックI」バージョンを2026年から2028年にかけて生産したのち、将来的には、こういった制限を廃した「ブロックII」など派生型の生産を開始する計画をもっています。

 これらの派生型が誕生するさい、胴体のウエポンベイが、もし用いられるようになれば、KF-21は第5世代戦闘機と名乗るのではないかと思われます。

関連記事(外部サイト)