「大西洋の疫病神」は元・超ハイスペック旅客機!? 「Fw200」初飛行-1937.7.27 80年越し復元でも注目

「大西洋の疫病神」は元・超ハイスペック旅客機!? 「Fw200」初飛行-1937.7.27 80年越し復元でも注目

機体の復元が終了し、ドイツ技術博物館に展示されたフォッケウルフFw200旅客機(画像:エアバス)。

デザインも「戦時中の飛行機」っぽくないような…。

長距離飛行性能に強み

 1937年7月27日はドイツ・フォッケウルフ製のプロペラ機、Fw200「コンドル」が初飛行した日です。この機は当初ルフトハンザ航空向けの旅客機として開発されたのち、軍用輸送機としても活躍。当時としては卓越した能力を誇った飛行機のひとつでもありました。

 その強みは長距離飛行性能です。たとえば、ルフトハンザ・ドイツ航空で使用された試作1号機改造型Fw200S1「D-ACON」“ブランデンブルク”号は、ベルリン〜ニューヨークの6000kmの距離を、往復ともに直行便でフライト。この記録は、国際航空連盟の区間世界記録として登録されました。

 当時の旅客機としては高いスペックを誇ったFw200「コンドル」は、航続力と搭載量を買われて哨戒爆撃機としてドイツ空軍に採用。ドイツ海軍Uボートを交え活躍し、敵国から「大西洋の疫病神」と呼ばれたそうです。また、第2次世界大戦時、ヒトラーが愛用していた専用機『インメルマンIII』の母機としても知られています。

 なお、時がくだり2021年、1機のFw200が、世界で大きな注目を集めました。ベルリンにあるドイツ技術博物館において、Fw200旅客機の修復が完了し、展示が開始されたのです。

 同機は1942年にトラブルで不時着水。1981年に発見され、1999年に引き揚げが実施されました。その後ルフトハンザドイツ航空、エアバス・オペレーションズ・ブレーメンなどにより2001年から修復作業を開始し、復元に至ったとのことです。

関連記事(外部サイト)