出た!「アキュラEV」 形は船みたい? カリフォルニアらしさ体現

出た!「アキュラEV」 形は船みたい? カリフォルニアらしさ体現

Acura Precision EV Concept(画像:Acura)。

フロント「グリル」じゃありません!

米アキュラ、EVコンセプト発表

 アメリカン・ホンダモーターは2022年8月18日(現地時間)、別ブランド「アキュラ」のEV(電気自動車)コンセプトカー「Acura Precision EV Concept」を世界初公開しました。

 SUV型のEVで、今後の電動化時代におけるAcuraデザインの方向性を示したものだといいます。「パワーボートの造形にインスパイアされた流麗で力強いフォルム」をもち、開口部がないノーズ部にはLEDで光る新しい「ダイヤモンド・ペンタゴン・グリル」を配置。「パーティクル・グリッチ」と呼ぶ独特の抽象的なパターンを前後の造形やホイールに配しているといいます。

 このコンセプトモデルは、カリフォルニアのモントレー半島で開催されるヴィンテージカーやクラシックカーの祭典、モントレー・カー・ウィーク(Monterey Car Week)にて公開されました。車体の青いマット塗装「ダブル・エイペックス・ブルー」は、カリフォルニアの強い日差しに合わせて最適化されているそうです。

 アキュラは2024年中に北米でGMと共同開発する初の量産EVを投入予定で、今回、その名称がアキュラ「ZDX」になることも発表されました。ZDXは、今回のPrecision EV Conceptのデザインを具現化する最初のモデルになるといいます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?