えぇぇ農業用!? アメリカ特殊作戦軍の軍用らしからぬ新型 なぜ選ばれた?

えぇぇ農業用!? アメリカ特殊作戦軍の軍用らしからぬ新型 なぜ選ばれた?

アメリカ特殊作戦軍が「アームド・オーバーウォッチ」に採用したAT-802U「スカイウォーデン」(画像:L3ハリス)。

アメリカ特殊作戦軍が「武装監視」航空機に選んだのは、なぜか“農業用”の航空機でした。どのような点が魅力だったのでしょうか。その使い勝手は、軍用機らしからぬ見た目とは裏腹のようです。

特殊作戦軍の「アームド・オーバーウォッチ」とは?

 アメリカ国防総省は2022年8月1日、アメリカ特殊作戦軍(SOCOM)が導入する航空機「アームド・オーバーウォッチ」(武装監視)に、L3ハリス・テクノロジーズとエアトラクターが共同提案していたAT-802U「スカイウォーデン」が選定されたことを明らかにしました。

 アメリカ特殊作戦軍はISR(情報・監視・偵察)に使用する航空機として、スイスのピラタス・エアクラフトの単発ターボプロップ機PC-12に偵察用器材を搭載したU-28A「ドラコ」を運用しています。このU-28Aは非武装の純粋なISR機ですが、対地攻撃能力を持たせれば、味方の戦闘機や爆撃機、戦闘ヘリコプターの手を煩わすことなく、ISR活動中に発見した目標への攻撃と、地上で活動する特殊部隊の支援ができる――特殊作戦軍はこう考え、2020年にアームド・オーバーウオッチ計画を立ち上げています。

 その導入にあたっての比較審査のため、アメリカ特殊作戦軍は2021年5月にAT-802Uを含む5機の候補機を購入しています。その中にはアメリカ空海軍が練習機として使用しているT-6「テキサンII」の軽攻撃機型AT-6E「ウルヴァリン」も含まれており、下馬評ではAT-6Eの採用が有力視されていましたが、最終的に特殊作戦軍はAT-802Uを選択したというわけです。

 アメリカ特殊作戦軍は最大75機のAT-802U導入を計画しており、共同提案社のL3ハリスは、2023年6月に最初の6機が導入されると発表しています。

軍用機っぽくない…AT-802Uの使われ方

 AT-802Uを写真などで見て、「軍用機っぽくない」と思う人も少なくないことと思います。それもそのはず、AT-802Uは農業用機をベースに開発されています。

 ベースとなった農業用機AT-802を開発したエアトラクターは、同社の創業者である故リーランド・ショー氏が1973年に発表した農業用機のAT-300の成功を受けて、1978年に創業された企業です。

 AT-300はお世辞にも格好が良いとは言えませんが、シンプルな構造故に故障が少ない点が農家以外からも高く評価されていました。

 その後、1990年にAT-802が初飛行します。同機はAT-300の基本設計を踏襲しつつも機体の規模が大型化され、動力をピストン・エンジンからターボプロップ・エンジンに変更して航続距離が長くなったことから、アメリカ南方軍が麻薬密輸監視用に導入したほか、イスラエル空軍やクロアチア空軍などに消防用機として採用されています。

 エアトラクターには本格的な軍用機型を開発する意志も能力もありませんでしたが、航空・防衛企業のIOMAXが、この機に着目します。同社は既存の航空機や車両などのプラットフォームに、やはり既存の兵装や電子装置などを統合する形で新兵器を開発したり、既存兵器の能力向上などを手がけたりしている企業です。

 IOMAXは、アメリカ空軍が対テロ戦争などへの使用を想定して導入計画を打ち出していた、安価なISR/軽攻撃機「LAAR」(Light Attack/Armed Recinnaissance)として、AT-802をベースにした軍用機型のAT-802Uを開発、2009年のパリエアショーで発表しています。

もりもり武装!

 その後アメリカ空軍はLAARのような航空機を自軍で運用するのではなく、非正規戦に直面している同盟・友好国に供与して運用させる方針に転換したため、LAAR計画はキャンセルされてしまいます。

 それでも、IOMAXとエアトラクターは外国での需要を見込んで、AT-802Uの開発を継続しました。その結果、UAE(アラブ首長国連邦空軍)からAT-802Uの採用を勝ち取りましたが、IOMAXが他社の農業用機をベースとする軽攻撃機「アークエンジェル」の開発に乗り出したため、AT-802Uはいったん宙に浮いてしまいます。

 しかし捨てる神あれば拾う神という言葉もあるように、IOMAXと同様の事業も行っているL3ハリスがAT-802Uプロジェクトに参画して開発を継続。紆余曲折を経てアームド・オーバーウオッチの座を射止めたたというわけです。

 AT-802Uの外観は主翼下への兵装を搭載するハードポイントの追加と、情報収集用器材の追加装備以外は、原型機のAT-802と大差ありませんが、コックピットはカラー液晶ディスプレイと、モノクロのテレビカメラディスプレイを備えたグラスコックピットに変更されています。

 使用可能な兵装は500ポンド、1000ポンドの無誘導爆弾、GAU-19 12.7mm機関砲ポッド、AGM-114ヘルファイア対戦車ミサイル、ロケット弾ポッド、レーザー誘導爆弾などで、コックピットと使用できる兵装の豊富さは、ジェット軽攻撃機にも引けを取りません。

 AT-802Uのような航空機は、国家対国家の正規戦ではあまり使いどころがありませんが、テロリストや武装集団、麻薬密売組織などとの戦いでは有用な存在でしょう。

 この種の任務に使用される軽攻撃機は、前に述べたAT-6Eのような練習機ベースの採用例が多かったのですが、今回のアメリカ特殊作戦軍の採用により、AT-802Uのような農業機ベースの軽攻撃機の採用が増えていくのかもしれません。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?