「サイボーグゴキブリ」開発 危険地域の探索など“寿命が続く限り”可能 理研&早大

「サイボーグゴキブリ」開発 危険地域の探索など“寿命が続く限り”可能 理研&早大

再充電可能なサイボーグ昆虫(画像:早稲田大学)。

モビリティになる可能性だってありますよ!

ゴキブリに太陽電池を取り付けてサイボーグ化

 早稲田大学は2022年9月5日、理化学研究所と同大ならびにシンガポール南洋理工大学の国際共同研究チームが、「光エネルギーで再充電可能な電源ユニットを含む電子部品を搭載したサイボーグ昆虫」を開発したと発表しました。

 チームは体長6cmのマダガスカルゴキブリの背面に、移動制御モジュールや薄型の有機太陽電池モジュールなどを取り付け“サイボーグ化”。これにより再充電と無線通信が可能なサイボーグ昆虫を実現したといいます。

 ポイントは、昆虫の腹部の動きを確保するため、フィルム状の有機太陽電池を接着剤領域と非接着剤領域を交互に配置した「飛び石構造」だそう。これにより、障害物の踏破や、ひっくり返った状態からの起き上がりなども可能で、昆虫の動きの自由度を確保しているといいます。

 今回のゴキブリは、その寿命が続く限り、電池切れを心配することなく、都市型の探索救助や環境モニタリング、危険地域の検査などができるとのこと。

 こうしたサイボーグ昆虫は、有機体の欠陥ある部分を置き換えるだけでなく、有機体の能力を超える機能を実現できるといいます。人が到達困難な環境でも長時間の活動ができるロボットとして提案されているそうです。今後は、「より薄型化された制御回路を用い、センサーなど他のコンポーネントと組み合わせることで、サイボーグ昆虫の機能をさらに拡大できると考えられます」といいます。

 本研究は、科学雑誌『npj Flexible Electronics』オンライン版(9月5日)に掲載されたということです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?