ANAホノルル線、“ウミガメ”巨大機「A380」運航便を増便へ 10月30日から 羽田発着も週7往復に

ANAホノルル線、“ウミガメ”巨大機「A380」運航便を増便へ 10月30日から 羽田発着も週7往復に

ANAのA380「フライングホヌ」(松 稔生撮影)。

これまでは金・土の週2往復だけでした。

水・金・土の3往復に

 ANA(全日空)が2022年10月30日から11月30日までのハワイ・ホノルル線を増便します。ここでは、羽田~ホノルル線が増やされることに加え、総2階建ての超大型旅客機であるエアバスA380「フライングホヌ(FLYING HONU。“空飛ぶウミガメ”の意味)」運航便となる、成田~ホノルル線も増便が図られる予定です。

 これまで週5往復だった羽田~ホノルル線は10月30日から週7往復まで増便される予定。これまで金曜、土曜の週2往復だった「フライングホヌ」運航の成田~ホノルル線も、同日から水曜、金曜、土曜の週3往復になります。なお、12月以降の運航スケジュールについては、9月下旬に発表するとのことです。

 ホノルル線の増便発表にあわせANAでは、羽田~シンガポール線の増便、年末年始における羽田~シドニー線の増便も決定。2022年11月における同社国際線の運航率は、2020年度事業計画比35%となる見通しです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?