ついに買える! 自衛隊も導入のカワサキ“オフロード四輪”が日本発売 北米じゃバカ売れ!

ついに買える! 自衛隊も導入のカワサキ“オフロード四輪”が日本発売  北米じゃバカ売れ!

MULE PRO-FX EPS(画像:カワサキモータースジャパン)。

アメリカじゃカワサキの基幹分野になっています。

悪路GOGO! 陸自も使うカワサキの4輪バギーが一般販売

 カワサキモータースジャパンは2022年9月14日(水)、オフロード四輪車「TERYX(テリクス)」「MULE(ミュール)」を国内で販売開始したと発表しました。

 オフロードに特化したオープンタイプのいわゆる4輪バギーで、ATV(All Terrain Vehicle:全地形型車両)とも呼ばれます。自前のオフロードコースなどで楽しむことが想定されたもので、公道は走行できません。

 日本ではこれまで販売されていませんでしたが、北米ではコロナ禍のレジャー需要もあって急成長しており、カワサキの基幹分野になりつつあります。

 今回発売された「テリクス」は、森の中や岩場などを走破するトレイルアドベンチャーモデル。2人乗りの「TERYX KRX 1000」と4人乗りの「TERYX4 S LE」がラインアップされます。

 一方の「ミュール」は、農場や牧場などで使用されるような実用モデル。陸上自衛隊水陸機動団に配備された「汎用軽機動車」のベースにもなっています。不整地走破性と耐久性を実現しつつ、後席シートを格納し荷台の広さを変えられるなど実用を考慮しています。2列4人乗りの「MULE PRO-FXT EPS」と、1列3人乗りの「MULE PRO-FX EPS」がラインアップされます。

 価格はテリクスの2人乗りが330万円、4人乗りが291万5000円、ミュールの4人乗りが253万円、3人乗りが220万円(いずれも税込み)です。

 オフロード四輪取扱店は、現在のところ北海道から大阪までで6か所。カワサキモータースジャパンは取扱店の募集も行っています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?