世界が注目「エリザベス女王の棺を運んだグレーの飛行機」実は米国製 垣間見える英空軍の転機

世界が注目「エリザベス女王の棺を運んだグレーの飛行機」実は米国製 垣間見える英空軍の転機

イギリス空軍C-17(画像:イギリス空軍)。

世界で惜別の声が溢れた、エリザベス女王の死。そのご遺体を運んだのが、ずんぐりとした胴体が特徴の英空軍「グローブ・マスターIII」輸送機でした。これはどのような機体なのでしょうか。

米空軍にむけ米国メーカーが製造したC-17「グローブ・マスターIII」

 2022年9月、エリザベス女王が96歳で亡くなり、イギリスなど女王の配下にあった国はもちろん、世界中がその死を惜しみました。その後女王のご遺体は、毎年滞在されていたスコットランド・エディンバラまで陸送で運ばれたのち、ロンドンに航空機で戻ってきました。このとき女王を運ぶ機体として世界中の注目を集めたのが、ずんぐりむっくりとした胴体が特徴のグレーの飛行機でした。これは、イギリス空軍が運用しているC-17「グローブ・マスターIII」輸送機というもの。どういった飛行機なのでしょうか。

 C-17「グローブ・マスターIII」は、アメリカのボーイング社製の軍用輸送機です。300機近くが製造され、イギリスでは当初4機をリースで導入しましたが、これらも完全購入に切り換え、現在は8機を保有しています。大きさは全長約50m、全幅約50m、全長約55m。サイズ的にはおおよそボーイング767旅客機と同じくらいですが、最大離陸重量は250トン以上と767の倍近くになります。

 コクピットにはパイロット2名のほか、「ロード・マスター」と呼ばれる貨物責任者が搭乗します。胴体の上に主翼があり、その下に左右2基ずつターボ・ファン・エンジンを搭載する4発機で、尾部からの貨物搭載用の扉を取り付けるため、水平尾翼が垂直尾翼の上にあるのが特徴です。

 C-17はアメリカ空軍からの要望をうけ開発されました。同軍では第二次世界大戦後、欧州域内などの比較的近距離空輸用の戦術輸送機としてロッキードC-130などを、アメリカ本国から欧州までの長距離空輸などを目的とした戦略輸送機として、ロッキードC-5などを導入していました。

 C-17は、それらの機体の更新用に、同軍がマクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)に発注したもので、テスト機として作られた「YC-15」のデザインがベースとなっており、長距離を飛行し、重い貨物を輸送できる性能を持っています。C-17は同軍における大型主力輸送機となり、C-141(131機)とC-5(285機)の後継機として279機が製造されました。

 アメリカ空軍は、機体の正式名称の他に愛称を付けています。C-17の「グローブ・マスターIII」は、設計元のダグラス社(後のマクダネル・ダグラス社)が開発したC-74「グローブ・マスター」、C-124「グローブ・マスターII」といった、先代の輸送機の系譜にのっとったものです。

英空軍の歴史を物語る「グローブ・マスター」導入経緯

 一方、イギリス空軍では2001年にC-17「グローブ・マスターIII」の運用を開始しました。

 戦後しばらくのあいだ、イギリスの軍用航空界には、とある“暗黙のルール”がありました。それは、欧州系の航空機を使用することが原則。アメリカ産の機体であっても、エンジンに欧州製のものを搭載するなどしていました。

 たとえば戦闘機では「タイフーン」、輸送機ではエンジンのみ英国製とした「ハーキュリーズ」、練習機では「ホーク」などがこれにあたります。ただ、しばらく前から米国ロッキード・マーティン社が開発した輸送機「ハーキュリーズ(米国ではC-130)」、同戦闘攻撃機「ライトニングII(米国ではF-35)」などエンジンを含めた“純アメリカ”の輸入機を正式採用する傾向もあり、C-17もこの一環です。

 ただし、C-17の導入経緯は、他の“純アメリカ機”とは異なります。イギリス空軍のC-17は、当時開発が遅れていたエアバスのターボプロップ輸送機「A400M」が導入されるまでの“つなぎ”的な役割で導入されました。リース導入だったのもそのためです。ただ、その高い能力から自国での購入に切り換えられることとなり、いまや立派なイギリス空軍の“正規メンバー”になったのです。

 しかし型式名についても、イギリス空軍は独自のこだわりがあるようで、アメリカ式の「グローブ・マスターIII」ではなく、現在は「グローブ・マスター」と呼称します。

英空軍の歴史的フライトに「グローブ・マスター」なぜ選ばれた?

 今回の棺の輸送でC-17「グローブ・マスター」が使用されたのは、同軍保有機屈指の貨物収容力をもつことから、棺や、それを護衛する多くの兵士たちを乗せることができるためでしょう。

 また、「グローブ・マスター」では貨物扉が地面に近く、スロープのような搬出口から、地面に直接アクセスできる機構をもちます。たとえば、エアバスA330旅客機をベースに空中給油機とした「ヴォイジャー」を、さらに改修したイギリス空軍の貴賓輸送機「べスピナ」といった旅客機ベースの輸送機は、貨物室と扉が胴体の下の高い位置にあることから、手作業で棺を運ぶのに不都合が生じます。こうしたことも「グローブ・マスター」が選ばれた一因かもしれません。

 長年自国・周辺国の軍用機をメインとして正式採用してきたイギリス、その女王が、アメリカ製の輸送機で“別れの旅”をするというのも、同国の歴史を感じさせる一面です。

 女王のご遺体を輸送するフライトは航空機追跡サイトでも歴代1位の追跡数を記録するほど、世界の注目を集めました。なお、奇しくも「グローブ・マスター」は、1991年9月15日が初飛行の日。まさか同機も31歳の誕生日を目前に、このような形で注目されるとは、製造時には誰も考えつかなかったでしょう。

 ちなみに、貴賓機「べスピナ」はイギリス国旗でお馴染みの「ユニオン・ジャック」がダイナミックに描かれたロイヤル・フラッグに塗り替えられています。ただ「グローブ・マスター」でこれをするのは、いろんな意味で難しいかもしれません。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?