“のんべえの聖地”変貌? 「京成立石」アーケード街側の駅階段封鎖 高架化に向け

“のんべえの聖地”変貌? 「京成立石」アーケード街側の駅階段封鎖 高架化に向け

京成立石駅。右側のアーケード街に通じる階段が閉鎖される(画像:写真AC)。

むか~しながらの駅でした。

“あの”京成立石駅が変わる

 京成電鉄は2022年9月15日(木)、押上線の京成立石駅について、10月1日(土)より駅南口東側階段を通行止めにすると発表しました。

 京成立石駅前後で進められている踏切解消を目的とした連続立体事業の進捗にともなうものです。将来的に同駅は高架駅となります。

 駅は線路を挟んで両側にホームがある構造で、閉鎖される南口東側階段は、「立石駅通り商店街」のアーケードに直結しています。周辺は大衆的な酒場が多いことでも知られます。

 なお、南口東側階段付近のエレベーター線路の南側から駅へ向かう場合は、踏切を渡って北口東側階段を利用する、あるいは南口のエレベーターを使うことができます。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?