トヨタの高級SUVにプラグインハイブリッド初設定 頼れる外部給電!「ハリアー」改良

トヨタの高級SUVにプラグインハイブリッド初設定 頼れる外部給電!「ハリアー」改良

ハリアーPHEVモデル(画像:トヨタ)。

改良の主眼は“中身”!

ハリアーPHEV初登場

 トヨタは2022年9月26日(月)、SUVの「ハリアー」を一部改良すると発表しました。

 今回はPHEV(プラグインハイブリッド車)を初設定。専用のフロントグリルを採用するほか、最大1500W(AC100V)の外部給電システムや後席シートヒーター、床下透過表示機能付パノラミックビューモニターを標準装備するといいます。

 ガソリン車ならびにHV(ハイブリッド)車も改良されます。交差点右折時の対向直進車や右左折時の横断歩行者を検知する機能を追加した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を全車に標準装備するほか、12.3インチの大画面ディスプレイを設定、クルマがWi-Fiスポットになる「車内Wi-Fi」(T-Connect サービスの有料オプション)も採用するそうです。

 改良版ハリアーはガソリン車ならびにHVが10月4日、PHEVが10月31日発売。税込み価格は312万8000円からで、PHEVは620万円だそうです。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?