新駅舎に移設へ「とうきょうスカイツリー駅」27日から浅草方面ホームが東へ150m移動

新駅舎に移設へ「とうきょうスカイツリー駅」27日から浅草方面ホームが東へ150m移動

とうきょうスカイツリー駅の移設後新駅舎(画像:東武)。

のりばを間違えると大変なことに!

高架化の進展にともない新駅舎へ移設

 東武鉄道の「とうきょうスカイツリー駅」の浅草方面行きホームが、11月27日(日)から、東側へ約150m移設され、新しい駅舎とホームになります。

 これは、東京都墨田区が進めている連続立体交差事業に関係するもの。桜橋通りの踏切を除却し、道路渋滞を緩和します。最終的には北千住方面のホームもこちらへ移設され、高架化事業の完了は2024年度を予定しています。

 現在の駅舎と移設先の駅舎は、完全に別の場所となります。連絡通路も無いため、駅構内で互いに行き来することはできません。

 これに合わせ、現駅舎の「正面口改札」は使用中止。東口改札のみが運用されます。もちろんですが、現ホームに浅草行きの電車は停車しなくなります。

 新駅舎の外壁デザインは、北側と南側で異なり、北側は継ぎ目の間隔が上方ほど狭くなる「下見張り」、南側は北側パネル継ぎ目の縦線が横に並ぶデザインになっています。ホームのデザインは、スカイツリーの麓を支える枝木をあしらったデザインになっています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?