JALとタッグで2024年就航「ヤマトの貨物機」の概要明らかに! 運航会社も変更 4路線で展開

JALとタッグで2024年就航「ヤマトの貨物機」の概要明らかに! 運航会社も変更 4路線で展開

ヤマトホールディングスが導入する貨物専用機のイメージ(画像:JAL)。

当初は「ジェットスター」による運航でしたが、これが変更されます。

スプリング・ジャパンによる運航へ

 JAL(日本航空)とヤマトホールディングスは2024年4月から運航開始を予定する貨物専用機の運航路線・運航便数を決定しました。「ヤマトの貨物専用機」は、一日あたり21便が運航される計画です。

 運航路線は東京(成田/羽田)~北九州、新千歳、那覇線と、北九州~那覇線の4つです。使用する機体は、エアバスA321ceoP2F。国内航空会社がこのモデルを用いるのは、この機が初です。同型機は、旅客機(中古機)を貨物専用機に改修したもので、1機あたりの最大搭載重量は28t(10t車約5~6台分)といいます。

 2社によると、現在導入予定のA321ceoP2Fは3機のうち2機の受領を完了し、残り1機を2023年2月に受領予定で、改修作業は2023年3月よりシンガポールで順次開始予定とのこと。改造作業は、エアバス社とシンガポールのST Engineeringが共同で設立した専門会社EFW社(ドイツ)が担当します。

 また、当初発表では、運航会社はJALグループで国内路線をおもに担当するLCC(格安航空会社)、ジェットスター・ジャパンが担当する予定でしたが、これを同グループで中国路線をおもに担当するLCC、スプリング・ジャパンによる運航へ変更します。また就航予定の各空港では、貨物専用機就航にともない必要となる機材の導入・施設関連の整備を進めるほか、運航に関連する要員や、貨物をハンドリングする要員など、両社ともに新規採用を進めるとしています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?