護衛艦はスーパー銭湯並み?「隊員用風呂」に一般人も大喜び 艦長だけはさらに特別って?

護衛艦はスーパー銭湯並み?「隊員用風呂」に一般人も大喜び 艦長だけはさらに特別って?

海自護衛艦の風呂は海水使用

護衛艦はスーパー銭湯並み?「隊員用風呂」に一般人も大喜び 艦長だけはさらに特別って?

海上自衛隊の最新鋭護衛艦「かが」は災害時の浴場無料開放でも活躍(画像:海上自衛隊)

洋上を長い期間航海することもある海上自衛隊の護衛艦には、そこで働く隊員のために必要な設備がそろっています。とうぜん風呂もありますが、実は海水をつかっているとか。しかし、海水ならではの効能が期待できるそうです。

日本文化に欠かせない「入浴」

 毎年11月26日は、「いい風呂の日」です。これは、日本浴用剤工業会がその語呂から定めたものだそう。日本人にとって、入浴するという行為は、身体を清潔に保つという衛生的な観点とは別に、心身ともにリラックスするという概念的なものも含む、一種の文化的側面もあります。それは船の中で任務に従事する海上自衛官も同じで、艦内には入浴設備が整っています。

 海上自衛隊が保有する護衛艦では「隊員用浴室」と呼ばれ、そこには浴槽とシャワーが設置されています。基本的に港での停泊中は真水を使用しており、普通の浴槽と変わりありませんが、航海中に関しては、海水を使うそうです。

 海水というと一般的にベタベタしそうなイメージがありますが、護衛艦「やまぎり」の船員が、海上自衛隊YouTubeチャンネルで解説していた内容によると、出航して沖に出たときのキレイな海水を使うため、そのお湯につかると肌がツヤツヤになる効果があるそうです。また、艦内には「造水装置」という海水を加熱して真水を作り出す装置もあるため、これにより水を大量に使う浴槽こそ海水ですが、シャワーは基本的に真水になります。

 新型の護衛艦だと、この装置の性能も上がっているそうで、新しい艦だと飲料、洗濯、シャワー用に使ってもまだ余裕があることから、トイレにウォシュレットがついている艦も多いといいます。

 ただ、潜水艦に関しては、水中を潜航するため、使用可能スペースが狭いことなどからシャワーのみとなります。これでも設備はよくなった方で、第2次世界大戦中の潜水艦はシャワーがないのが常識で、艦内の臭いはかなりきつかったといわれています。

災害時にも隊員用風呂は大活躍!

 自衛艦の隊員用浴室は災害時にも役立てられており、2018年7月、西日本豪雨で呉市に大規模な断水が発生した際はヘリコプター搭載護衛艦「かが」、護衛艦「いなづま」などの艦艇内の浴場が市民に無料開放されました。なかでも「かが」には、スーパー銭湯や温泉を思わせる立派なのれんも掲げられたそうで、大盛況だったといいます。

 艦内の隊員風呂を開放するほかにも、海上自衛隊では被災地から要請を受け、迅速に入浴支援を行えるように、緊急展開型入浴セットという装備も備えています。これは2011年3月に発生した東日本大震災を始めとして、2016年4月に発生した熊本地震や2019年10月に発生した令和元年東日本台風被害などにも派遣されています。海上自衛隊では、このセットを迅速に展開できるよう、年に1回定期訓練も行っています。

 ちなみに、基本的に護衛艦の艦長室には専用の風呂とトイレがついています。大きな艦船になると副艦長にも個室が用意されるそうですが、そこには風呂、トイレがつかないそうです。

関連記事(外部サイト)

  • 1

    今さらの記事に残念ですね。常識と思ってました。海上で真水を得るということがどれだけ大変なことか知らない記者に残念な感じを受けますね。

すべてのコメントを読む