新鎌ヶ谷駅前「超一等地の巨大な空き地」ついに活用へ 京成グループが複合施設整備

新鎌ヶ谷駅前「超一等地の巨大な空き地」ついに活用へ 京成グループが複合施設整備

北総線の車両(画像:写真AC)。

新鎌ヶ谷駅南口の駅前には、「東京10号線延伸用地」として、一等地にも関わらず塩漬けになっている土地があります。このほど、土地の活用事業者が決定。駅前は大きく変化しそうです。

新鎌ヶ谷駅南口駅前の県有地の活用事業者が決定

 北総線と新京成線の新鎌ヶ谷駅南側にある空き地。この場所は、駅前の一等地にも関わらず、長年にわたって未利用の状態が続いてきましたが、ついに土地活用に向けた大きな動きがありました。

 空き地の面積は約7083平方メートル。この土地の活用をめぐっては、土地保有者の千葉県企業局が2022年11月に事業者の公募を実施。2023年3月14日の審査委員会を経て、事業予定者を京成電鉄・東武鉄道・大和ハウス工業・東方地所グループに決定しました。
 
 事業では、商業棟と住宅棟で構成する延べ約9900平方メートルの施設を整備。商業棟は地上6階地下1階建て、住宅棟は14階建てで、商業棟には飲食店や物販店などが入る予定です。このほか、広場や自由通路の整備も行われます。
 
 この土地はもともと「東京10号線延伸新線用地」として確保され、長らく塩漬けになっていました。東京10号線は当初、本八幡駅と新鎌ヶ谷駅を結ぶ「県営鉄道北千葉線」として計画されていましたが、2000年12月に県営鉄道事業を廃止。その後「東京10号線延伸新線」に名称を改称し、第三セクター方式による事業化が検討されたものの、採算性や多額の事業費、北総鉄道の減収にもつながるといった課題により事業化を断念。千葉県・市川市・鎌ヶ谷市で構成する「東京10号線延伸新線促進検討委員会」も解散した経緯があります。
 
 新線計画が消滅したことで、建設のために確保された土地も宙に浮くことになりました。2022年6月、鎌ヶ谷市は千葉県に対して「東京10号線延伸新線跡地の土地活用に関する要望書」を提出。千葉県が土地を売却する際、「賑わいの創出につながる施設とすること」や「新鎌ヶ谷駅南北自由通路、駅西側に続く歩道の機能確保」などを要望していました。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?