高速バス「東京~福井」運休のまま終了へ 地元2社「状況改善の見込み立たず」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 福井鉄道と京福バスは2023年10月31日、東京と福井を結ぶ高速バス2路線の運行を12月1日に正式終了すると発表した。
  • 廃止の理由は新型コロナの影響で利用者が減少し、運転手不足にも直面しているため状況が改善しないと判断された。
  • この路線は1989年の開設から唯一東京と福井を直結する交通機関であったが、新幹線網の発達もあり長期運休となり正式廃止へと至った。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

高速バス「東京~福井」運休のまま終了へ 地元2社「状況改善の見込み立たず」

京福バスの車両(乗りものニュース編集部撮影)。

東京直通の役目は新幹線へ。

高速バス「東京~福井線」正式に運行終了へ

 福井鉄道と京福バスは2023年10月31日、高速バス東京~福井線「昼特急」ならびに夜行「ドリーム福井号」の運行を12月1日に終了すると発表しました。新型コロナウイルスの影響で長らく運休し、2022年にはいったん再開したものの、再び運休となり現在に至ります。このまま復活することなく終了となる見込みです。

 福井鉄道は廃止の要因について、新型コロナウイルスの影響による利用者減、運転士不足などを挙げています。「今後の状況改善の見込みが立たないため」運行を正式に終了するということです。なお、ジェイアールバス関東が運行する夜行「青春ドリーム福井号」についても運休のままとなっています。

 東京~福井線の高速バスは福鉄、京福、JRの3社で1989年に開設され、両区間を直通する唯一の交通機関となっていた時期もあります。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?