最初で最後!山形新幹線のレア車両「E3系1000番台」全3編成が集結へ JR東日本

Robot Icon

AIざっくり要約

  • JR東日本は2023年11月6日、山形新幹線車両センターでE3系1000番台3編成にフォーカスした撮影会を開催すると発表した。
  • E3系1000番台は1999年の山形新幹線新庄延伸時から活躍し3編成のみが在籍しているが、今後E8系の投入で置き換えられる考えだ。
  • 撮影会は2023年11月27日に山形車両センターで開催予定で、E3系1000番台3編成が一堂に会する最初で最後の機会となる。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

最初で最後!山形新幹線のレア車両「E3系1000番台」全3編成が集結へ  JR東日本

E3系1000番台(画像:写真AC)。

3編成が集まるのは最初で最後です。

山形新幹線車両センターで撮影会を開催

 JR東日本は2023年11月6日(月)、「E3系1000番台にフォーカスせよ!山形新幹線車両センターE3系つばさ撮影会」を開催すると発表しました。

 E3系1000番台は、1999年の山形新幹線新庄延伸時から活躍しており、3編成のみが在籍しています。現在、山形新幹線の主力として12編成が活躍しているE3系2000番台とはライトの形が異なっており、それが外観上の識別点になっています。今後、E8系の投入により、E3系2000番台と共に置き換えられることが見込まれます。
 
 撮影会は、2023年11月27日(月)に山形車両センターで開催する予定。JR東日本は、E3系1000番代を3編成並べた最初で最後の撮影会イベントになるとしています。
 
 参加費用は、車内の見学・撮影が可能な「プレミアムコース」が2万8000円(税込)、撮影コースは1万6000円(税込)。JRE MALL東北本部の商品ページから購入可能としています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?