「りんかい線の踏切」が存在する!? 実は「夢の直通アクセス」の伏線だった 現地で「休止線とのツーショット」も

Robot Icon

AIざっくり要約

  • りんかい線には東京臨海高速鉄道が管理する「八潮踏切」が存在する。
  • そこはかつての貨物駅の名残りである休止線とりんかい線の車両基地が並走する場所だ。
  • 将来的には羽田空港と新木場を直結する新線に使用される可能性があるという。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「りんかい線の踏切」が存在する!? 実は「夢の直通アクセス」の伏線だった 現地で「休止線とのツーショット」も

りんかい線の電車(草町義和撮影)。

立派に「東京臨海高速鉄道」が管理者になっています。

りんかい線の電車が通過する

 東京臨海高速鉄道(りんかい線)は、大崎駅からお台場を経由して新木場まで向かう第三セクター鉄道です。来年に新型車両「71-000形」も導入されることが決まり、脚光を浴びています。

 ところで、りんかい線には、れっきとした「踏切」があるそうです。大部分が地下ということで、踏切を通過する風景を見ることはないかもしれません。そんな幻の鉄道風景に、交通系Youtuberの「がみ」さんと「かんの」さんが出会いました。

 その現場は、品川区の臨海部にある東京貨物ターミナルの脇。ここは浜川崎を経由して西日本方面へ、あるいは武蔵野貨物線を経由して東北・信州方面へ向かう、東京側の貨物列車の起点となっています。

 東京貨物ターミナルには並行して、東海道新幹線の「大井車両基地」があります。田町駅付近から海側へ分岐し、ここまで新幹線の回送列車がやって来るのです。

 さらに、東京貨物ターミナルは貨物の終点ですが、さらに北へ線路が伸び、東海道新幹線の回送線に並行して、田町方面へ続いています。これはかつて汐留に貨物駅があった名残りで、1986年に廃止されてからこの線路「大汐線」は需要がゼロになり休止状態になっています。将来ここを活用して東京駅と羽田空港を直結する新線「羽田空港アクセス線」が整備される予定で、にわかにホットな現場であることは間違いありません。

 さて、本題の「りんかい線の踏切」ですが、それらの敷地のもっとも東側にあるようです。「八潮踏切」にやってくると、さび付いて雑草まみれの線路と、現役バリバリに維持されている線路の2本が横断しています。

 そのうち西側にあるのは先述の休止線「大汐線」ですが、隣のきれいな線路こそ、りんかい線の線路なのです。ここにはりんかい線の「八潮車両基地」があり、りんかい線の車両「70-000形」の留置や検査などを扱っています。

 東京テレポート駅を大崎方面へ発車すると、りんかい線はやがて直角カーブで南へ進路を変えます。その手前にじつは南側へ分岐する線路があり、それが車両基地へのルートなのです。

 地下トンネルで南進した回送線が地上に姿を現すのが、「八潮踏切」のすぐ北側。踏切からも、線路が地下へもぐっていく様子がうかがえます。

 そしてこの八潮踏切は、東京臨海高速鉄道が管理する踏切。がみさんは「面白いな!貨物線とりんかい線が並走するポイントがあったとは」と興奮気味に話していました。

 実はこの「東京貨物ターミナル~りんかい線」のルートこそ、かつて京葉線で計画されたものでした。実現することはありませんでしたが、交通政策審議会の2016年の答申「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」では、ここを旅客化して、羽田空港・浜川崎・横浜方面と新木場・千葉方面を直結するルートとして整備しようという構想が掲げられています。

【動画】えっ…!「りんかい線の踏切」実際に行ってみた

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?