「次は潜水艦いかが?」韓国がポーランドに提案へ 並み居るライバルに勝てるのか?

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 韓国のハンファオーシャンがポーランドの新型潜水艦入手計画に韓国製潜水艦を提案した。
  • しかし競合はドイツとフランス、スウェーデンの有力メーカーで、韓国に勝機はないと見られる。
  • ハンファは技術移転などを提示し競争に参加する考えだが、実績のある他メーカーに勝ち目は低い。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

「次は潜水艦いかが?」韓国がポーランドに提案へ 並み居るライバルに勝てるのか?

韓国のハンファオーシャンがポーランドに提案する国産潜水艦KSS-III(画像:ハンファ)。

韓国のハンファオーシャンがこのたびポーランドの次期潜水艦プロジェクトに名乗りを上げました。ただ、そこにはドイツやフランス、スウェーデンの名だたる軍需企業も参画しています。韓国企業に勝機はあるのでしょうか。

ポーランド唯一の潜水艦はかなりの老齢艦

 韓国企業ハンファグループの海事部門であるハンファオーシャンは2023年11月29日、ポーランドの潜水艦調達プログラム「オルカプロジェクト」に、韓国製潜水艦KSS-IIIを提案すると発表しました。
 
「オルカプロジェクト」はポーランドの潜水艦戦力を増強しようとするポーランドの国家プロジェクトです。

 ポーランドには2023年11月現在、旧ソ連が設計・建造したキロ級潜水艦の1隻「オゼル」しかありません。
 
 数年前まではノルウェーから購入した中古の潜水艦(コッベン級)が4隻ありましたが、これらは老朽化によって次々退役、唯一残った「オゼル」も1986年4月就役と、すでに40年近い艦齢となっていることから、新たな潜水艦の取得を計画するようになったといいます。なお、ポーランド政府は自国の造船能力を向上させるためにも、技術移転を含めた外国製潜水艦の国内でのライセンス生産を念頭に置いて選定するそうです。

 ちなみに、この「オルカプロジェクト」は目新しいものではなく、2010年前半からすでに検討されていたといいます。2014年にはフランスのナーバルグループやドイツのティッセンクルップ、スウェーデンのサーブ、スペインのナバンティアなどと交渉が行われたものの、このときは水上艦(フリゲート)の更新が優先されたため、新潜水艦は導入されることなく終わりました。

 しかし、ロシアによるウクライナ侵攻が続くなか、ポーランドは陸海空のすべての分野で大幅な軍備増強を図っており、NATO(北大西洋条約機構)の一員として、有事の際はバルト海の制海権を確保する必要があることから、新たな潜水艦については特に、巡航ミサイルの発射能力に大きな関心を持っているといわれています。

ライバルは手強い名門企業ばかり

 今回、ハンファオーシャンがメディア説明会で披露したKSS-IIIは、2021年8月に1番艦「島山安昌浩(トサンアンチャンホ)」が就役したばかりの韓国最新の国産潜水艦です。

 水上排水量約3000トン、水中排水量約3600トン、全長83.3m、全幅9.6m、高さ14.7m、速力は約20ノット(約37km/h)、乗員数は約50名。ディーゼルエンジンと燃料電池によって推進する、AIP(非大気依存推進)潜水艦です。

 兵装は魚雷発射管のほかに垂直発射装置(VLS)も備えており、ここからSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)も発射可能だといいます。なおSLBMについては、2021年7月4日に水中発射試験に成功しているとのことです。

 しかし、オルカプロジェクトには、すでにドイツのティッセンクルップが最新のU212級で売り込みを始めているといわれています。同級はドイツとノルウェーから計6隻(ドイツ2隻、ノルウェー4隻)受注しており、早ければ1番艦が2029年にノルウェーへ引き渡される予定です。

 またフランスのナーバルグループとスウェーデンのサーブも関心を示しているそうで、一部報道によると、前者はスコルペヌ級、後者はブレーキンゲ級でトライアルに参画する可能性が高いといわれています。

 前者は、すでにチリ、マレーシア、インド、ブラジルに採用された実績があるベストセラー艦で、後者は2027年に1番艦が就役予定の最新鋭艦です。

 ただ、韓国はポーランドに対して戦車や自走砲、軽戦闘機などの輸出に成功しているため、それらのライセンス生産などを足掛かりに海洋安全保障の分野でも成功を収めたい模様です。

 なお、ハンファオーシャンの説明によるとKSS-IIIはポーランドの国防力を向上させるだけでなく、産業面と経済面の双方でも利益をもたらすものだとしています。

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?