米軍「戦う航空管制員」CCTの奮闘 東日本大震災 津波受けた仙台空港を救援拠点にせよ

米軍「戦う航空管制員」CCTの奮闘 東日本大震災 津波受けた仙台空港を救援拠点にせよ

2011年3月16日、仙台空港に着陸するアメリカ軍のMC-130H。5日前に発生した東日本大震災後、初めて同空港に着陸した固定翼機となった(画像:アメリカ国防総省)。

「戦闘管制員」とはアメリカ軍における役職のひとつで、戦闘地域での航空管制などを担当する隊員のことです。東日本大震災の際には仙台空港で、わずか6時間で空港機能を回復、輸送機を着陸させていました。その職務を追います。

東日本大震災 津波に襲われた仙台空港では…?

 2011(平成23)年3月11日、東北地方を中心に東日本の広範囲へ甚大な被害をもたらした東日本大震災。あれから8年以上の時が過ぎましたが、様々な復興の動きがいまだ途中であり、真の復興はまだ先です。

 東北最大の空港であり、航空旅客輸送、航空貨物輸送の拠点である仙台空港は、本来であれば広大な敷地、大型機も発着可能な滑走路を活用し、航空機による救助活動や支援物資輸送の拠点となるはずでした。しかし日本全国によく見られるような、海岸近くに位置する仙台空港は、津波に飲み込まれています。

 滑走路には瓦礫(がれき)が流れ込み、空港施設は機能停止。地震直後から運用再開の見通しは全くつかない状態でした。海水が引き始めた13日から、仙台空港では航空局職員による調査を開始。翌14日から、当初ヘリコプターの離着陸スペースを確保するため、少数の作業車輌でガレキなどの除去を開始しました。

1秒でも早く救援機を降ろせ!

 一方、地震発生直後から山形空港をベースに活動していたアメリカ軍は、救援活動の拠点として位置的、規模的に仙台空港が最適と判断し、救援活動と並行して仙台空港の復旧を決定しました。そして13日には仙台空港の状況を掌握するため、航空偵察を実施します。

 やがて3月16日朝、航空自衛隊松島基地を経由して仙台空港に到着した一団がありました。アメリカ軍第353特殊作戦群第320特殊戦術中隊です。午前8時30分に現場入りした彼らは、即座に空港施設の調査や管制機器の準備を開始。14時30分には資機材を満載したMC-130H「コンバット・タロンII」特殊作戦機が震災後、固定翼機として初めて仙台空港に着陸します。

 わずか6時間で空港機能を回復させ、救援機着陸の中心となったのは、CCTと呼ばれる隊員達でした。

「CCT」とは「Combat Controller」の略で「戦闘航空管制員」と呼ばれ、戦闘地域での友軍航空機を管制する「戦闘航空管制」や、友軍の行動上の脅威を排除するために航空機や地上部隊、艦艇に火力支援を要求、誘導する「火力支援誘導」などを任務としている部隊です。

自衛隊におけるCCTに類似した職種とは?

 CCTはまた、仙台空港で行ったような、滑走路をはじめとする航空施設の状況、状態確認も任務のひとつです。戦闘では特殊部隊と共に行動することが多く、卓越した知力、体力、戦闘能力を兼ね備えたエリート兵士といえるでしょう。仙台空港の迅速な機能回復は、彼らの存在あってこそのものでした。

 任務などは少々違いますが、自衛隊にも類似する役職があります。まず精鋭部隊で知られる陸上自衛隊第1空挺団の「降下誘導小隊」です。降下地点に先遣し、部隊主力が搭乗する輸送機を無線などで誘導、的確に降下させるのが主任務です。また、同じく陸上自衛隊の「火力誘導員」は航空自衛隊と連携し、戦闘機による地上攻撃、特にレーザー誘導爆弾などによる攻撃を指示し、脅威を撃破。味方部隊の前進、展開を支援する隊員です。

 近年、自衛隊は統合運用、島しょ防衛、即応展開を重視しています。そうしたなか、尖兵として戦闘区域に進出し、主力部隊の進出や支援攻撃を誘導する隊員は今後、さらに重要な存在となり、各種作戦の要として活躍の場が広がるでしょう。

関連記事(外部サイト)