「住民に愛されている街」はどこ?「各駅停車しか止まらない駅」上位に多い結果に

「住民に愛されている街」はどこ?「各駅停車しか止まらない駅」上位に多い結果に

「住民に愛されている街ランキング」1位の片瀬江ノ島駅(2020年2月、大藤碩哉撮影)。

7位に「東北沢」、9位に「緑が丘」。

「住みたい街ランキング」とは異なる傾向

 リクルート住まいカンパニーが2020年3月3日(火)、「SUUMO 住みたい街ランキング2020 関東版」を発表し、そのなかで新設部門「住民に愛されている街ランキング」の結果を公表しました。

 毎年発表されている「住みたい街ランキング」と同様、「住民に愛されている街」も、駅名で発表されています。調査は1都4県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)にある駅を対象に、「お住まいの街が好きですか」という質問を基本に、回答者が街の魅力項目を5段階で評価した結果を集計したものです。

 発表された「住民に愛されている街ランキング」は次の通り。駅名、路線名、得点の順で記載しますが、複数路線が乗り入れている駅の場合、回答時に選択された路線のうち最も多い得点を獲得したという路線を記載しています。

●総合ランキング
・1位:片瀬江ノ島、小田急江ノ島線、4458点
・2位:馬車道、みなとみらい線、4444点
・3位:みなとみらい、みなとみらい線、4433点
・4位:代官山、東急東横線、4429点
・5位:千駄ヶ谷、JR総武線、4409点
・6位:麻布十番、東京メトロ南北線、4396点
・7位:東北沢、小田急小田原線、4388点
・8位:鵠沼、江ノ島電鉄線、4371点
・9位:緑が丘、東急大井町線、4362点
・10位:鵠沼海岸、小田急江ノ島線、4361点
・11位:三越前、東京メトロ銀座線、4350点
・12位:赤羽橋、都営大江戸線、4341点
・13位:代々木上原、東京メトロ千代田線、4330点
・14位:牛込神楽坂、都営大江戸線、4322点
・15位:奥沢、東急目黒線、4321点
・16位:高島町、横浜市営地下鉄ブルーライン、4319点
・17位:茗荷谷、東京メトロ丸ノ内線、4310点
・18位:代々木公園、東京メトロ千代田線、4307点
・18位:広尾、東京メトロ日比谷線、4307点
・20位:白金台、東京メトロ南北線、4301点

「住みたい街ランキング」は1位「横浜」、2位「恵比寿」、3位「吉祥寺」、4位「大宮」など、ターミナル駅が上位の傾向ですが、「住民に愛されている街ランキング」では、各駅停車のみの駅が上位傾向にあるといいます。

 またリクルートすまいカンパニーは、1位「片瀬江ノ島」をはじめとする江ノ島・鵠沼エリアが上位にある点や、横浜駅周辺で独特の景観をもつ「馬車道」「みなとみらい」がそれぞれ2位、3位にランクインしている点、4位「代官山」、6位「麻布十番」、13位「代々木上原」、14位「牛込神楽坂」など、「閑静な住宅地のに街のカルチャーを感じられる店が多い駅」が上位にある点を特徴として挙げます。

 なお、調査は2020年1月、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県に住む20歳以上の男女を対象に、インターネットを通じて実施。29万7518人ぶんの回答結果を集計したそうです。

※誤字を修正しました(3月3日16時55分)。

関連記事(外部サイト)