暫定2車線高速の4車線化が加速 財政投融資活用15区間 2020年度から事業着手

暫定2車線高速の4車線化が加速 財政投融資活用15区間 2020年度から事業着手

暫定2車線区間の常磐道 南相馬IC付近(2018年11月、中島洋平撮影)。

全国の暫定2車線区間、解消されつつあります。

 国土交通省は2020年3月10日(火)、高速道路における暫定2車線区間の4車線化を決めている箇所のなかで、財政投融資を活用して2020年度に事業着手する15区間を選定したと発表しました。

 同省は2019年9月に策定した「高速道路における安全・安心基本計画」において、4車線化を計画的に推進するため、課題が大きいとする優先整備区間約880kmを選定し、順次事業化することとしています。そのなかでも災害や渋滞、交通事故発生箇所などを総合的に勘案し、次の合計約110km区間を選定したとのことです。

・道東道 占冠IC〜トマムIC(北海道)約19.9km
・秋田道 湯田IC〜横手IC(秋田県)約7.7km※
・常磐道 浪江IC〜南相馬IC(福島県)約1.9km
・磐越道 会津坂下IC〜西会津IC(福島県)約7.1km※
・磐越道 西会津IC〜津川IC(福島県・新潟県)約8.8km※
・東海北陸道 白川郷IC〜五箇山IC(岐阜県・富山県)約10.1km
・東海北陸道 五箇山IC〜福光IC(富山県)約9.5km※
・東海環状道 土岐JCT〜可児御嵩IC(岐阜県)約4.4km
・紀勢道 大宮大台IC〜紀勢大内山IC(三重県)約6.2km※
・舞鶴若狭道 大飯高浜IC〜小浜西IC(福井県)約3.6km
・阪和道 印南IC〜みなべIC(和歌山県)約6.5km
・米子道 蒜山IC〜江府IC(鳥取県・岡山県)約4.7km
・徳島道 土成IC〜脇町IC(徳島県)約7.7km
・松山道 伊予IC〜内子五十崎IC(愛媛県)約9.7km
・鹿児島道路 美山IC〜伊集院IC(鹿児島県)約2.3km
※は長期通行規制が予定されている大規模修繕箇所であり、トンネル工事にともなう迂回路として4車線化を実施。

 このほか、国道交通省では財政投融資を活用して、新名神高速(大津〜城陽、八幡京田辺〜高槻)の6車線化、および圏央道の神奈川県内における未開通区間(横浜湘南道路、高速横浜環状南線)の整備を加速するといい、今後、予算成立後の事業許可に向けて、必要な手続きを進めていくそうです。

関連記事(外部サイト)